現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 正式発表 BMW 8シリーズ・グランクーペ 840i/840d/M850iの3種 M8も追加へ

ここから本文です
ニューモデル 2019.6.19

正式発表 BMW 8シリーズ・グランクーペ 840i/840d/M850iの3種 M8も追加へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 8シリーズのなかで3車種目
ー 全長/全幅/全高、クーペより延長
ー エンジンは3種類 M8も投入へ

    BMW 8シリーズ・グランクーペ すべての画像をみる

8シリーズのなかで3車種目

BMWは、8シリーズにあらたなモデルを加えた。「グランクーペ」と命名した。

グランクーペは8シリーズのなかで3車種目。クーペとコンバーチブルにならぶ4ドアクーペモデルだ。

大型クーペモデルのマーケットが成長するなか、6シリーズ・グランクーペの後継として、アウディA7/メルセデス・ベンツCLS/ポルシェ・パナメーラとしのぎを削ることになる。

全長/全幅/全高、クーペより延長

全長:5082mm
全幅:1932mm
全高:1407mm

という数値は、8シリーズ・クーペと比べて、

全長:+239mm
全幅:+30mm
全高:+66mm

という結果となる。

なかでも全長の延長は突出しており、これはホイールベースが201mm伸びたことによる。

この結果、2枚のドアがおさまり、後部座席を先代と同様のスペースにできた。

荷室容量は440ℓ。後部座席は40:20:40の分割可倒式。

エンジンは3種類 M8も投入へ

エンジンの選択肢は8シリーズ・クーペに準ずる。(欧州仕様)

エントリーグレードは「840i」を名乗り、3.0ℓ直列6気筒ガソリンユニットを搭載する。340ps/51.0kg-mを発揮し、FRは0-100km/h=5.2秒、4WDは0-100km/h=4.9秒となる。燃費は13.9km/ℓ。

「840d」は、3.0ℓ直列6気筒ディーゼルユニットを搭載する。321psと69.3kg-mを発揮し、0-100km/h=5.1秒、燃費は17.0km/ℓ。

デビュー時、最上位モデルとなるのは「M850i xドライブ」だ。4.4ℓV型8気筒ガソリンターボユニットを搭載する。乾燥重量は1995kgであるが、0-100km/h=3.9秒、燃費は10.2km/ℓと発表されている。

いずれのエンジンにも8速オートマティックが組み合わされ、840i/M850i xドライブはMスポーツ・リアディファレンシャルを備える。

4WDのモデルには後輪操舵システムが標準で組み合わされるいっぽうで、FRのモデルはオプションのあつかいとなる。

2019年末には、M部門が手がける「M8」ならびに「M8コンペティション」が加わる可能性が高く、前者は600ps/後者は625psを叩きだす4.4ℓV8ツインターボの搭載が予想される。

BMW 8シリーズ・グランクーペの価格は6万9340ポンド(946万円)~。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します