現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ガソリン最強グレードに試乗 プジョー508 SW アダプティブ・ダンパー標準装備

ここから本文です
ニューモデル 2019.6.17

ガソリン最強グレードに試乗 プジョー508 SW アダプティブ・ダンパー標準装備

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー SWにはアダプティブ・ダンパーが標準装備
どんな感じ?
ー 使い勝手のいいラゲッジスペース・デザイン
ー エンジンのフィーリングはいいが、ATはいまひとつ
ー プレミアム・ブランド勢に迫る価格
「買い」か?
ー 欧州で選ぶならディーゼルエンジン
スペック
ー プジョー508 SWピュアテック225 GTのスペック

    試乗 改良新型プジョー308 SW 新開発1.5ℓディーゼル(130ps)のワゴンを評価

どんなクルマ?

SWにはアダプティブ・ダンパーが標準装備

新しいプジョーを象徴する、おしゃれなデザインが特徴のプジョー508だが、その中でもより賢い選択といえそうなのがステーションワゴン・ボディのSW。大きなラゲッジスペースを与えるために、ファストバックの508の特徴といえるリア周りのデザインも変更されている。デザインが良くなったと感じるひとと、悪くなったと感じるひとと、意見は分かれそうだ。

ワゴンボディ化に合わせて全長は40mm伸ばされ、ルーフラインは17mm高くなっている。その結果、ファストバックのラゲッジスペースは容量が487ℓなのに対し、530ℓにまで増えている。分割可倒式のリアシートをすべて倒せば、1780ℓにまで広がる。

今回試乗車として選んだのは、ガソリンエンジンのラインナップの中でもトップスペックとなるGTグレード。組み合わされるのは8速ATのみとなる。224psの最高出力を提供してくれるのは、1.6ℓ4気筒ターボ。プジョーによれば、英国の場合はディーゼルエンジンの方が高い支持を得ると予想しており、ガソリンエンジンの508を目にする機械は少ないだろう。

足元は19インチのホイールが飾っているが、前回試乗した1.5ℓディーゼルエンジンを搭載したGTグレードと同じもの。ステーションワゴン・ボディのSWの場合、アダプティブ・ダンパーが標準装備となる。またGTグレードを選ぶと、レザーインテリアや電動パワーシート、フォーカル社製のプレミアム・サウンドシステム、レーンキープアシスト機能付きのアダプティブ・クルーズコントロールなどが標準で付いてくる。

それではガソリンエンジンとしては508最強の走りを確かめてみよう。

どんな感じ?

使い勝手のいいラゲッジスペース・デザイン

当然ながら、フロントシート周りはファストバックと同じなため、特に空間に余裕が出ていたりはしない。インテリアの品質は全般的に高く、シートに座っている時の居心地は良い。ほとんどのインテリアパネルの表面はソフト加工され、傷つきやすいプラスティック製の部品は、一見するだけでは目に入ってこない。

レザーシートの掛け心地も良く、腰痛持ちでもうなずけるものだと思う。しかし着座位置は流麗なスタイリングから想像するよりも高く、大きなヘッドリストのおかげで、背もたれの角度は自ずとアップライト気味になってしまう。

リアシートはルーフラインに合わせてヘッドルームが広くなっており、歓迎できる部分。その他の広さはファストバック・サルーンと同じ。足元の空間も変わらない。大人の場合は、フロントシートの座面下につま先を逃がす必要があるが、子供なら居心地良く過ごせるはずだ。

ステーションワゴンだけあって、今回の見所はラゲッジスペース。開口部までフラットな床面を持ち、荷物の積み下ろしも楽に行える。荷室のフロア高も低く、リアシートの背もたれを倒さずとも、かなり大きな荷物を積載できる。またGTグレードには標準装備となる、スマート・テールゲート機能は、バンパー下で足を動かすとリアハッチの開閉ができて便利。鍵やノブを手にする必要はない。

エンジンのフィーリングはいいが、ATはいまひとつ

プジョーのiコクピットはドライバー中心のデザインが施されている。最大の特徴でもある小さなステアリングホイールだが、12.3インチのインスツルメント・パネル・モニターの視認性は改善されている。モニターには様々な情報を表示することも可能で、解像度でも優れているが、他のクルマほど自由にカスタマイズできるというわけではない。

ダッシュボード中央にレイアウトされる10インチワイド・サイズのインフォテインメント・システム用モニターのシャープさはそれなり。リアカメラの画像を表示させるとかなり解像度の粗さが目立つものの、アップル・カープレイとアンドロイド・オートに対応し、利便性は良い。

例外的に小径なステアリングホイールだが、操作感はとても軽い。低速域では車格に似つかわしくないほど軽く感じられるが、スピードを上げていくにつれて適度に重さが増していく。ステアリング操作のレスポンスも良好。レーンキープアシストは、車線の中央を常に維持しようと努めるのだが、わたしには少し反応が過剰に感じられた。

1.6ℓのガソリンエンジンは、トップグレードだけあって、前回試したディーゼルエンジンのエントリーグレードのクルマよりも明確に力強い。0-100km/h加速に要する時間は7.4秒。アクセルを踏み込んだ時の回転は全域に渡ってスムーズで、回したくなるフィーリングがある。

一方で、穏やかに加速している際のトランスミッションの変速は、どこかぎこちない。エンジンのノイズも案外と大きく感じられる。ドライビングモードをコンフォートにしていても、思っている以上にエンジンの回転数を上げて変速する設定な様子。エコモードを選ぶと、テンポよく変速をしてくれるが、車内に響きがちなロードノイズはいかんともしがたい。ステアリングコラムには、小さいながらもシフトパドルが付いており、ドライバー次第でマニュアルモードでの変速も可能ではある。

プレミアム・ブランド勢に迫る価格

常識的な速度での巡航走行時の燃費が14.0km/ℓ程というのは、今どきは良好とはいい難い。長距離を走行するドライバーや社用車として利用する場合などは、ブルーHDI 180などディーゼルエンジンを選んだ方が懸命かもしれない。

標準装備となるアダプティブダンパーが、19インチという大径ホールの悪影響を相殺してくれるかと思ったが、少し期待はずれだった。都市部を常識的なスピードで流していても、上下方向のボディの動きには改善の余地がある。コンフォートモードでは路面の剥がれやくぼみでは減衰力に欠けている印象。

スポーツモードにすると全体的に乗り心地は固くなり、コーナーでの安定感も増してくる。また、状況によって乗り心地が向上する場面もあるようだ。だが、インテリアの雰囲気から期待するほど、運転に熱中できるほど正確なボディコントロール性が得られるわけでもないのだけれど。

一方で、18インチホイールを履いたクルマにも短時間ながら試乗したが、快適性の向上は大きくはなかった。それでも、固定式のパッシブダンパーに19インチホイールの組合せよりも、脚さばきが巧みになっていることは間違いないようだ。

われわれの試乗車には、パノラミック・サンルーフやナイトビジョン・システムなどが装備され、価格は4万1000ポンド(594万円)にまで上がっていた。ファミリー層向けのステーションワゴンの中では最上位といってもいい価格であり、ボルボV60やアウディA4アバントなどのプレミアム勢に迫る数字となる。

「買い」か?

欧州で選ぶならディーゼルエンジン

斬新なエクステリアデザインや、先進的な技術も多く搭載されたインテリアを持つプジョー508。ファストバックのサルーンで既に食指が動き始めた読者にとって、ラゲッジスペースの容量が増え、実用性も高まったSWはさらに魅力的に写っているかもしれない。

しかし、乗り心地やダイナミクス性能の面を見ると、並み居るライバルの中でも平均的な仕上がりに留まっている。アダプティブダンパーを選択することで、どちらも若干ながら改善はするものの、最もパワフルなエンジンの実力を完璧に引き出すことはできていないと思う。

508のラインナップを見渡したとき、英国の場合は、ディーゼルエンジンのハイエンドグレードが最善の選択といえそうだ。

プジョー508 SWピュアテック225 GTのスペック

■価格 4万1365ポンド(599万円)
■全長×全幅×全高 4778✕1859✕1420mm
■最高速度 246km/h
0-100km/h加速 7.4秒
■燃費 12.8-14.0km/ℓ
■CO2排出量 130-132g/km
■乾燥重量 1600kg
■パワートレイン 直列4気筒1598ccターボ
■使用燃料 ガソリン
■最高出力 225ps/5550rpm
■最大トルク 30.4kg-m/2750rpm
■ギアボックス 8速オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN トム・モーガン)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します