現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ハイブリッドもADASもすばらしい! 7シリーズにはBMWの未来が詰まっている

ここから本文です
ニューモデル 2019.6.16

ハイブリッドもADASもすばらしい! 7シリーズにはBMWの未来が詰まっている

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナーチェンジを受けた6代目7シリーズ。進境著しいBMWの最新デザインが取り入れられ、その外観とインテリアはもちろん変わったが、その核心はどう変わったか? 清水和夫が解説する。REPORT◉清水和夫(SHIMIZU Kazuo) PHOTO◉BMW AG※本記事は『GENROQ』2019年6月号の記事を再編集・再構成したものです。

 高級車の代表選手がメルセデス・ベンツSクラスであることに異論を挟む人はいないだろう。だがそのSクラスに挑むチャレンジャーは少なくない。アウディA8、レクサスLS、キャデラックCT6、ジャガーXJ──中でもやはり対抗の本命はBMW7シリーズであろう。

    メルセデスAMG GTは一般道からサーキットまでこなせるマルチグレードを持つスポーツカーだった!

 究極の高級車は英国王室御用達のロールス・ロイスとベントレーだ。かつて同じグループに属していたが、1990年代後半、両ブランドはそれぞれフォルクスワーゲンとBMWに買収された。ベントレーを手にしたのはフォルクスワーゲンで、ロールスはBMWの手中に収まった。フォルクスワーゲンは本当はロールスが欲しかったのだが、結果的にはベントレーと伝統的なクルーの工場を獲得した。

 BMWはロールスのブランドを手に入れたものの、工場や伝統的な職人はフォルクスワーゲン側に移管された。つまりBMWはロールス・ロイスを造って販売することが可能となったが、それまでのロールス・ロイスが辿ってきた伝統や経験を十分に活かせなかった。BMWは独学で世界最高峰の高級車を造ることになった。御料車を造れる日本メーカーなら、ロールス・ロイス以上の高級車を造れると思うが、大衆車から発展してきた日本メーカーにとって、プレミアムセグメントは得意領域ではないかもしれない。


 試乗会場には新型7シリーズがSUVのX7と並んでいた。ワイド&ローの7シリーズだが、新しい大型キドニーグリルはX7に負けず劣らず迫力十分だった。今回のフェイスリフト最大の話題はキドニーグリルが大きくなったこと。面積が1.4倍に拡がった。しかも横方向だけではなく、ボンネットの先端までグリルが浸食しているのが特徴だ。キドニーグリルは常にBMWデザイナーが強く意識するアイコンだ。キドニーグリルは1933年の303から始まったが、そもそもグリルはラジエターを冷やす機能を持つ。当時のボンネットは高く(フレームとエンジン搭載位置の関係)、グリルは縦長だった。だが現在は空気抵抗低減のために、エンジンフードは低くなり、グリルは横長になった。歴史の文脈でグリルは機能と密接な関係にあったのである。


 今回テストしたのは主に750Li xDrive。わずかな時間だったが、プラグインハイブリッドモデルの745Leにも試乗できた。750Liは出力の向上した4.4ℓV型8気筒のガソリンエンジンを搭載する。最高出力530㎰、最大トルク750Nmはラグジュアリー・サルーンとはいえ、ドライバーズカーとしての主張を感じる。ハンドルを握って走り出せば、アドレナリンが溢れるほどドライブフィールがホットだ。0→100km/h加速は4.1秒。スポーツカー並みの速さだ。ちなみにBMWは1986年、V12エンジンを第2世代7シリーズに搭載した。戦後の乗用車にV12エンジンを初めて搭載したのはメルセデスではなくBMWだった。さすがエンジンメーカーと賛美の声が上がった。

 エンジンは気持ちよく回り、低速トルクは十分すぎるほど豊か。這うように街中を走ってもストレスなく、微少なアクセルワークにも反応する。過敏すぎずドライバーの意思が7シリーズに透視される感じで、つまりクルマと共感できる。高速クルーズでは1500rpmくらいで流れに乗れるし、5000rpmまで回せば、巨体がまるでロケットのように加速する。


 PHEVの745Leは3.0ℓ直列6気筒エンジンとモーターを組み合わせ、EV走行可能距離は58kmとなっている。わずかな時間しか乗れなかったが、魅力的なのは荷室が犠牲になっていないことで、余裕でゴルフバッグを搭載できそうだ。使い勝手は良いだろう。レベル2の高度運転支援システム(ADAS)も使いやすい。自動運転技術では今後、メルセデスと提携していくというニュースもあるが、ドライバーが感じる領域ではメルセデスとBMWは作り分けがうまいから心配無用だ。

 実際、最近のBMWのADASはステアリングの反力が強く、システムがハンドルをコントロールしていることをドライバーにわかりやすくしている。このあたりはメルセデスとは正反対の考えだ。技術は協調しても、ユーザー視点では差別化が可能だ。これからのBMWは面白くなりそうだ。

BMW 750Li xDrive
■ボディサイズ:全長5260×全幅1902×全高1479mm ホイールベース:3210mm
■車両重量(DIN):2000kg
■エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ 総排気量:4395cc 圧縮比:10.5 最高出力:390kW(530㎰)/5500~6000rpm 最大トルク:750Nm(76.5kgm)/1800~4600rpm
■トランスミッション:8速AT
■駆動方式:RWD
■サスペンション形式:Ⓕダブルウイッシュボーン Ⓡ5リンク
■ブレーキ:Ⓕ&Ⓡベンチレーテッドディスク
■タイヤサイズ(リム幅):Ⓕ&Ⓡ245/45R19(8.5J)
■パフォーマンス 最高速度:250km/h (リミッター作動) 0→100km/h:4.1秒 燃料消費量(EU複合):9.6~9.5ℓ/km CO2排出量:218g/km

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan GENROQ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します