現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ゴードン・マレー、新型スーパーカー開発へ…980kgの軽量ボディに650馬力

ここから本文です
ニューモデル 2019.6.7
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイナーのゴードン・マレー氏が率いるゴードン・マレー・デザインは6月5日、ゴードン・マレー・オートモーティブの第1号車となる新型スーパーカー、『T.50』(GORDON MURRAY T.50)の開発計画を発表した。

ゴードン・マレー氏は、1992年に発表されたマクラーレン『F1』のデザインを担当したことで知られる。同車は、F1のマクラーレンと同じグループ会社、英国のマクラーレンオートモーティブが、F1参戦から得たノウハウを導入して開発したスーパーカーだった。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jrh*****|2019/06/08 08:21

    違反報告

    とりあえず、俺のイメージにピッタリなマシンだね、
    おそらくゴードンも俺にステアリングを握ってもらえる事を夢見ているだろう
    但し、心の底からそう願うならば、
    200万ポンドの価格を2万ポンドまで下げることだな
    そうすれば購入検討リストに入れてやる
  • yam*****|2019/06/08 03:50

    違反報告

    流石はゴードン・マレー
    NA12気筒、MT、超軽量ボディ
    他のブランドスーパーカーとは全く違う
    お目に掛かる事は無いとは思うけどw
  • nep*****|2019/06/08 04:56

    違反報告

    ゴードン・マレーの市販車と言えば「ロケット」も忘れないでね。