現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新世代商品の第一弾、アクセラ後継の新型マツダ3はこれまでのモデルと何が違うのか?

ここから本文です
ニューモデル 2019.5.27
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは5月24日、コンパクトハッチバックとセダンのアクセラをフルモデルチェンジし、世界共通のモデル名である「マツダ3(マツダスリー)」に改名して発売しました。新世代商品の第一弾に位置づけられるマツダ3は、内外装のデザイン、質感はもちろんのこと、多くの改良や新技術を盛り込んできましたが、その注目ポイントをまとめてみました。

独自技術で開発した世界初のガソリンエンジン

    新型マツダ3、ディーラーでは内装の質感や標準オーディオの音質に注目するといいかも

ガソリンエンジンの伸びの良さと、ディーゼルエンジンの優れた燃費やトルク、応答性といった特長を融合し、環境性能と走行性能を高いレベルで両立させたという「スカイアクティブX」を初採用。(carview!)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • dko*****|2019/05/27 11:44

    違反報告

    いつも変わり映えしないカラーバリエーションが定番のマツダから
    やっと出たこの新色のマッドグレーすごく良いですね。
    デザインも大事だけどもっと新たな色を提案して欲しい
  • shi*****|2019/05/27 11:12

    違反報告

    いっつも魂動デザインを深化させてんな 笑
    あと新しいデザイン…?
    もうデザイン的な変化は言えることがほとんど無いのは大体の人わかってるんだから挙げなくても良いんじゃないか?
  • cya*****|2019/05/27 10:58

    違反報告

    なにが違うかって???
    トーションビームでしょう。
    売りが、内装の高級とオーディオって書いてあったけど、それだけ???

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン