現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 追求したのは乗り心地と静粛性!車高を5段階で変えられるBMWで最も大きなSUV「X7」

ここから本文です
ニューモデル 2019.5.26
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/金子浩久のEクルマ、Aクルマ

 BMWのSUV群に新種が現れた。「X7」である。文字通り「X5」よりも大きい。現行のBMWのSUVの中で最も大柄になる。ボディ寸法は、5151(全長)x2000(全幅)x1805(全高)ミリ、ホイールベースは3105mm。BMW初の3列シートを標準装備している。その「X7」にアメリカで乗った。メキシコとの国境の町であるテキサス州エルパソから西へ向かい、ニューメキシコ州を抜けて、アリゾナ州スコッツデイルまでの約700kmを半日で走った。(@DIME)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2019/05/26 22:01

    違反報告

    『追求したのは乗り心地と静粛性』

    国産車メーカーに言ってほしいよ。スポーツカー以外は、乗用車は、
    乗り心地と静粛性を第一に造ってくれ。
    中途半端な「スポーティー」という誤魔化し文句は要らない。
    今の国産車、乗り心地が良いです! とカタログに一番最初に書かれているのを見た事が無い。
    センチュリーは買えないの。クラウン以下で乗り心地が良いと胸を張れるクルマを造ってくれ。
  • yos*****|2019/05/26 21:31

    違反報告

    SUVのフラッグシップはどれもデカイだけって感じで特徴ないね
    大中小とただのサイズ違いで終わってしまうのが悲しい
    ミニバンもそうだけどサイズごとの特徴って出せないのかね?
    サイズが特徴になっちゃってるからつまらん

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン