現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > GRヤリス を標的に…ヒュンダイ高性能ハッチ「N」第2弾がニュルでテスト

ここから本文です
ニューモデル 2019.5.19

GRヤリス を標的に…ヒュンダイ高性能ハッチ「N」第2弾がニュルでテスト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国ヒュンダイが誇るベストセラー・ハッチバック『i20』に設定されるハードコアモデル、『i20N』開発車両をカメラが初めて捉えた。

「N」は、2015年に同ブランドが立ち上げた高性能ブランドで、2017年に第一弾として『i30N』を発表しており、i20Nは第2弾となる。

    ヒュンダイの日本再進出が無謀ではないかもしれないと思ういくつかの理由

i20は、2016年に世界累計販売100万台を達成し、2018年4月にフェイスリフトを受けている。捉えたプロトタイプはこの改良新型をベースとしたテストミュールだが、ディテールは不明だ。

しかし、ローダウンされたボディの足元には、レッドブレーキキャリパーを備える高性能ブレーキ、215/40 R18のピレリP-Zeroタイヤを装着している。また強力なターボエンジンを予想させるデュアルエキゾーストパイプも見てとれる。さらに、ハードセッティングされたスポーツサスペンションも装備しているはずだ。

予想されるパワートレインは、1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「T-GDI」エンジンを搭載。標的とするライバル、トヨタ『GRヤリス』が1.6リットル直列3気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力250psと予想されており、200ps以上のパワーは欲しいところだろう。ただし、同エンジンを積むキア『シードGT』が201psを発揮するため、それほど難しいことではないはずだ。

現行i20は2014年から発売されており、2021年には第3世代へバトンタッチされる。そのため、Nモデルのワールドプレミアは間近に迫っている可能性が高い。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス Spyder7編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します