現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【6年目の大進化判明!!】新型スカイライン 世界初のプロパイロット搭載で今秋登場!!!

ここから本文です
ニューモデル 2019.5.19
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日産を代表する名門車、スカイラインが6年目の大進化を遂げる。

 2019年5月16日、日産が世界初の運転支援システム「プロパイロット2.0」を発表。高速道路の同一車線で、“ハンズオフ”(=手放し運転)を可能とする同技術を、2019年秋に日本で発売するスカイラインへ初搭載することが明らかになった。

    Modulo Xはどう違う? 乗り味と価格のマッチングは?? ベストカー×Modulo X 体感試乗会レポート

 現在販売中のスカイラインは通算13代目のモデルとして2014年に登場。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bea*****|2019/05/19 09:45

    違反報告

    マイナーチェンジで老体に鞭打つ日産。
  • sev*****|2019/05/19 08:04

    違反報告

    他社も同様なシステム搭載車を発売する予定はあるが、今後は完成度の高さの勝負になるだろう。
    先行してイメージ戦略を優先した日産も、完成度次第では更なるイメージダウンにつながりかねない。
  • bnr*****|2019/05/19 08:23

    違反報告

    ドライバーの状態をモニタリングし、万一の場合は警告が発出され、緊急自動ブレーキが掛けられる

    と、あるが毎回疑問に思うのは
    居眠りどころか爆睡してしまったらどうなるのでしょうか?同一車線とのことなので走行及び追越車線上で緊急ブレーキ掛けられて、ドライバーが起きるまで停まってるってこと??

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン