現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【17年間の時を経て高らかに復活!!】ピュアスポーツとして生まれ変わった新型トヨタスープラ

ここから本文です
ニューモデル 2019.5.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年1月に開催されたデトロイトショー(アメリカ)で世界初公開し、日本では春頃に発売を開始するとリリースされていた新型トヨタスープラが5月17日に日本で販売を開始した。

 デトロイトで公開後、イベントや販売会社に実車を展示していたので、すでに『生スープラ』を見た人もいると思う。個性的なデザインが目を引く。

    アル/ヴェルでも不充分!? レクサス版「LM」なぜ発売? 豪華すぎる中身と市販化のワケ

 新型スープラのD1マシンが3月にデビューを飾り、2020年から参戦するスーパーGTのGT500マシンも公開ずみと、ロードカーの発売に先駆けてモータースポーツの分野でも積極戦略を展開している。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pir*****|2019/05/18 13:30

    違反報告

    出る前からこんだけ評判悪いスポーツカーも珍しい。
  • gun*****|2019/05/18 13:55

    違反報告

    所詮BMW新型Z4のOEM車
  • tom*****|2019/05/18 13:51

    違反報告

    ミニバンはLMで自社開発(自社カスタムというべきか?)、スープラはBMWと協業。
     そこにトヨタのすべてが有る気がします。
    売れないものは作らない。クルママニアには刺さらない理由がはっきりある。
     良くも悪くも、あのゴーンがGTRを日産の威信をかけて開発にGOをだした心意気をトヨタは見習ってほしいです。
    せめてエンジン位はヤマハでも良いので自社製積んで欲しかった。ポルシェがポルシェで有り続けられる理由をトヨタは良く考えてほしい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン