現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型トヨタ・スープラ、日本発売 価格/エンジン/内装/スペックを解説

ここから本文です
ニューモデル 2019.5.17

新型トヨタ・スープラ、日本発売 価格/エンジン/内装/スペックを解説

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー はじめに GRスープラとは?
ー 新型トヨタ・スープラのエクステリア
ー 新型トヨタ・スープラのインテリア
ー 新型トヨタ・スープラのシャシー
ー 新型トヨタ・スープラのパワートレイン
ー 新型トヨタ・スープラの装備
ー 新型トヨタ・スープラの価格/スペック

    『新型トヨタ・スープラ』すべての画像をみる

はじめに GRスープラとは?

2019年5月17日、トヨタはスープラを全国のトヨタ車両販売店を通じて発売した。

17年ぶりに復活したスープラは、トヨタGAZOOレーシングが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初のグローバルモデルとなる。ニュルブルクリンク24時間耐久レースなどに参戦して、モータースポーツを通じて人とクルマを鍛える「もっといいクルマづくり」に取り組んできたトヨタGAZOOレーシングが蓄積してきた知見やノウハウを注ぎ、ユーザーに心から走りを楽しんでもらえるクルマ「GRスープラ」として新たに誕生した。

スープラは、1978年に初代が、81年に2代目が登場したが、日本市場では「セリカXX」の名で販売されていた。当時のアメリカではXの数で映画の成人指定度合いを示していたので、輸出仕様ではラテン語で「至上かつ最高」という意味のスープラになる。86年に登場した3代目から日本でもスープラに車名を変更し、93年に4代目が登場。だが、排ガス規制などの問題から、他の多くのスポーツカーとともに2002年にフェードアウトする。

そして5代目として復活したスープラは、BMWとの共同開発車だ。パワートレインやプラットフォームなどを新型Z4と共有し、車両はオーストリアのマグナ・シュタイヤー社のグラーツ工場でZ4とともに製造される。

新型トヨタ・スープラのエクステリア

スープラは、歴代のモデルがみな直列6気筒エンジンを積んだFR車であったことは共通しており、新型でもこの2つのポイントを継承している。加えて今回、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3要素を最重要ファクターと捉え、ピュアスポーツカーとしての理想を追求した。

ホイールベースは、2シーターに割り切ることで86よりも100mm短い2470mmを実現。それにより、ホイールベースとトレッドの比は1.55という、他の量産スポーツカーと比較してもトップレベルの小さい数値を達成しており、優れた回頭性に寄与している。重心高にも徹底的にこだわり、水平対向エンジンを搭載した86よりもさらに低い重心高を実現した。

デザインコンセプトは「Condensed(凝縮された) Extreme(過激な) L6 FR “TOYOTA” スポーツ」。

サイドビューは、ショートホイールベースと大径タイヤにより、タイヤの存在を強調している。2シーターらしいタイトなキャビンと、ワイドトレッドからなるスーパーワイドスタンスも特徴的。そして、直6を搭載したFRらしいロングノーズショートキャビンのシルエットも美しい。

また、空気抵抗低減に寄与するダブルバブルルーフの採用(トヨタ2000GT)や、ランプを車両内側に寄せることでフェンダーのボリュームを豊かに見せ、凝縮したボディデザインとする手法(トヨタ2000GTや4代目スープラ)など、トヨタのスポーツカーの伝統を継承している。

新型トヨタ・スープラのインテリア

インテリアでは、ハイスピード時の見晴らし性や車両の姿勢変化のつかみやすさを考慮した上下に薄いインパネと、高く幅の広いコンソールによる、典型的なFRスポーツカーの空間が生みだされている。

シフトbyワイヤ式のシフトレバー、8.8インチのTFTメーター、そして大型フルカラーヘッドアップディスプレイなどによって、運転席中心でタイトな新世代コクピットがレイアウトされている。こうした、スポーツカーとしてのパッケージ・レイアウトの特徴を十分に活かし、GRシリーズ初のグローバルモデルにふさわしいスポーツスタイルを目指している。

8.8インチのTFTメーターは中央に大型のタコメーターを配置し、その左に速度をデジタルで表示。タコメーターの内側はシフトポジションなどのインフォメーションディスプレイとなる。

86や歴代のスープラは2+2だったが、新型スープラは2シーターに割り切り、ホールド性にこだわったハイバック構成のスポーツシートを採用している。

また、歴代スープラ同様にリアはハッチゲートを採用し、ラゲッジスペースはそれほど大きくはないが2人分の小旅行用荷物くらいは十分に積むことができる。

新型トヨタ・スープラのシャシー

前述のように新型スープラは新型Z4との共同開発車であり、パワートレインやプラットフォームはBMW主導で作られている。

精密な車両コントロールを可能にするサスペンションは、フロントがダブルジョイントスプリング・ストラット式で、リアがマルチリンク式。バネ下重量の低減、高い組み付け剛性、精緻な動きを追求して新設計されている。

RZとSZ-Rグレードには、アダプティブ・バリアブル・サスペンションシステムを搭載。選択中のドライブモードや路面状況に応じて、4輪のショックアブソーバーの減衰力を最適に制御することで、走りと乗り心地を高次元で両立している。

また、旋回性能と安定性を高めるアクティブディファレンシャルも装備した。これはVSC(車両安定性制御システム)と連携しながら、電子制御多板クラッチによって後輪左右間のロック率を0~100の範囲で無段階に最適制御。コーナー進入時は旋回性能と安定性を高くバランスさせたロック率を選択し、アクセルを踏み込んでコーナーを脱出する際は、ロック率を高め最大限のトラクション性能を発揮する。

新型トヨタ・スープラのパワートレイン

パワーユニットは、スープラの伝統を継承する直列6気筒ターボ・エンジンと、スポーティドライブを気軽に楽しむ直列4気筒ターボ・エンジンを2種、合計3種が搭載される。いずれのエンジンもBMWが手がけたものだ。

直列6気筒は3.0ℓのツインスクロールターボで、パワースペックは最高出力340ps/5000rpm、最大トルク51.0kg-m/1600-4500rpm。最大トルクはわずか1600rpmという低いエンジン回転数から発生されるから、アクセルペダルの操作に応じた思いどおりの加速が味わえる。このエンジンはRZグレードに搭載される。

直列4気筒は、コンピュータチューンによってパワースペックの異なる2つの2.0ℓツインスクロールターボ・エンジンを設定。最高出力258ps/5000rpmと最大トルク40.8kg-m/1550-4400rpmを発生するエンジンは、SZ-Rグレードに搭載。

最高出力197ps/4500rpmと最大トルク32.7kg-m/1450-4200rpmを発生するエンジンはSZグレードに搭載される。

SZ-Rグレード用エンジンはハイパフォーマンスを実現して軽快なスポーツ走行を楽しめ、SZグレード用エンジンは街中から高速道路まで爽快なドライビングを気軽に味わえる。

組み合わされるミッションは、いずれも8速スポーツATのみ。ステアリングにパドルシフト(右がアップ、左がダウン)も組み込まれている。

新型トヨタ・スープラの装備

先進運転支援機能については、昼間の歩行者に加え自転車の運転者を検知し、衝突回避支援または被害低減を図るプリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)、ブラインドスポットモニター、全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールなど、先進の予防安全技術を全車に標準装備。

さらに、車載通信機DCM(データ・コミュニケーション・モジュール)を全車に標準装備し、スープラ専用のコネクテッドサービス「トヨタ・スープラ・コネクト」を受けることができる。

ほかにも、専用のスマホアプリなどから車両の遠隔操作、確認ができるリモートサービスを用意した。

また、GAZOOレーシングのテクノロジーをフィードバックした車両情報記録装置「トヨタGAZOOレーシング・レコーダー」をオプション設定。クルマの各種センサーからの値や車両の位置&方位情報をSDカードへ記録するデータロガーで、記録した情報は専用アプリを使えば動画や走行軌跡などを再生することができる。

新型トヨタ・スープラの価格/スペック

グレードは、前述のように3車種。税込み価格は、3.0ℓの直6ターボエンジンを搭載したRZが690万円。2.0ℓの直4ターボエンジンを搭載したSZ-Rが590万円、SZが490万円。

なお、メーカーオプション設定の外板色マットストームグレーメタリックのRZは、本年度生産分24台の商談申し込みを5月17日(金)から6月14日(金)までの約1カ月間、Web限定で受け付ける。商談順は抽選の上、新型スープラが参戦する第47回ニュルブルクリンク24時間耐久レース決勝当日(6月22日~23日)に発表される。

車名トヨタ・スープラ
グレードRZSZ-R
価格690万円590万円
エンジン 2997cc直6ターボ 1998cc直4ターボ
ステアリング 右
全長 4380mm
全幅 1865mm
全高 1290mm 1295mm
ホイールベース 2470mm
車両重量 1520kg 1450kg
最高出力 340ps/5000rpm 258ps/5000rpm
最大トルク 51.0kg-m/1600-4500rpm 40.8kg-m/1550-4400rpm
燃費(WLTC) 12.2km/ℓ 12.7km/ℓ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します