現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「アストンマーティン ヴァンテージ AMR」 待望の3ペダル&7速MT仕様が限定でデビュー!

ここから本文です
ニューモデル 2019.5.3

「アストンマーティン ヴァンテージ AMR」 待望の3ペダル&7速MT仕様が限定でデビュー!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Aston Martin Vantage AMR

アストンマーティン ヴァンテージ AMR

    「アストンマーティン ヴァンテージ AMR」 待望の3ペダル&7速MT仕様が限定でデビュー!

ヴァンテージのトップレンジに君臨する“AMR”

アストンマーティン ヴァンテージに、3ペダルをもつマニュアルトランスミッションを搭載した「ヴァンテージ AMR」が登場した。この特別なモデルは、アストンマーティン・レーシング(AMR)が「ヴァンテージGTE」で参戦する、FIA世界耐久選手権第7戦「スパ・フランコルシャン6時間レース」を前に発表された。

「ヴァンテージ AMR」の心臓部に搭載されるのは、最高出力510ps、最大トルク625Nmを発揮する4.0リッターV型8気筒ツインターボ。最適な重心位置と50対50の重量配分を実現するために、シャシーセッティングを最適化。0-100km/h加速は4.0秒、最高速度はベースとなったヴァンテージと同様に314km/hとなっているが、そのドライビングパフォーマンスは、ヴァンテージのラインナップ中、最高峰に位置するとアストンマーティンは胸を張る。

エリコン・グラツィアーノ製7速MTを搭載

ギアボックスは「エリコン・グラツィアーノ」社が開発した7速マニュアル・トランスミッションを搭載。1速がHパターンの外に出るかたちの「ドッグレッグ・パターン」を採用する。ドライバーは、手縫い&革張りのマニュアルシフトを操作し、正確で繊細なシフトを楽しむことができる。

この「ヴァンテージAMR」の7速MTは、チーフエンジニアのマット・ベッカー率いるアストンマーティンのテストチームにより、シルバーストーン・サーキットで徹底的に鍛え抜かれたという。

スムーズなヒール・アンド・トウを実現する!

以前のV12ヴァンテージSにも搭載されていた「AM SHIFT」システムを採用。エンジンマネージメント、クラッチ、シフトポジション、プロペラシャフトセンサーを連携させることで自動的にブリッピングを行い、スムーズに「ヒール・アンド・トウ」を行うことができるのも特徴だ。これより的確なコーナーリングを楽しむことができるだろう。

ベースモデルに搭載されていたオートマチックトランスミッションを取り外し、カーボンセラミックブレーキを標準装備することで、ドライビング性能が向上しただけでなく、95kgもの軽量化を達成したことも注目に値する。また、アストンマーティンの最新アダプティブ・ダンピング・システム(ADS)である「Skyhook」を搭載。「スポーツ」「スポーツ・プラス」「トラック」と、3つのドライビングモードからドライバーの好みや路面状況に合わせて選択することができる。

ル・マン優勝60周年を記念した「ヴァンテージ 59」も登場

「ヴァンテージ AMR」は200台限定で生産され、5つのデザイナースペックを用意する。200台のうち141台は「サビオブルー」「オニキスブラック」「チャイナグレー」「ホワイトストーン」からボディカラーの選択が可能だ。

残りの59台は、1959年のル・マン24時間レースで「DBR1」の勝利から60周年を記念し、「ヴァンテージ 59」として販売される。ボディカラーはスターリンググリーンとライムの組み合わせとなり、インテリアはダークナイトレザーとアルカンターラに、AMRライムのストライプとステッチで仕上げられる。 このパッケージは、英国で16万4995ポンド、ドイツで20万9995ユーロ、米国で20万4995ドルで販売される。デリバリーは2019年後半からになる予定だ。

3ペダルのアドバンテージ

アストンマーティン・ラゴンダ社長兼グループCEOのアンディ・パーマーは、「ヴァンテージ AMR」について以下のようにコメントした。

「私がアストンマーティンに加わったとき、カスタマーの多くからの要望もあり、マニュアルギヤボックスを搭載した車両をラインナップに加えることを約束しました。そして、ライバルに対するアドバンテージとして『ヴァンテージ AMR』は3ペダルであることも挙げられます」

「たとえロボットによる自動運転の世界になったとしても、アストンマーティン はドライビングパフォーマンスの追求を続けます。この『ヴァンテージ AMR』はドライバーに運転に対する努力と集中力を求める一方、同時にモダンなスポーツカーでもあります。“ドライビングゲーム”に対する解毒剤的存在とも言えるかもしれません」

「6月に開催されるル・マン24時間レースにヴァンテージGTEが参戦します。限定仕様の『ヴァンテージ 59』を所有する幸運なオーナーの皆さんには、このル・マン参戦が新たな愛車を迎える、もうひとつの喜びになってくれると嬉しいです」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GENROQ Web GENROQweb編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します