現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 試乗 BMW X7 xドライブ30d 英国で評価 インテリアは上質 X5に近い組成

ここから本文です
ニューモデル 2019.4.24

試乗 BMW X7 xドライブ30d 英国で評価 インテリアは上質 X5に近い組成

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー 中国や中東向けのBMW最大モデル
ー X5同様のクラスター・アーキテクチャを採用
どんな感じ?
ー 良好な視界でサイズも気になりにくい
ー 悪路走破性はレンジローバー級?
「買い」か?
ー フラッグシップとして少し物足りない内面
スペック
ー BMW X7 xドライブ30d Mスポーツのスペック

    新型メルセデス・ベンツGLS 内装/エンジン/予想価格 BMW X7に対抗 NYショー

どんなクルマ?

中国や中東向けのBMW最大モデル

何度かBMW X7についてはAUTOCARでも取り上げているから、アピアランスの意見に関しては、熱心な読者ならある程度の意見を既にお持ちだろう。英国だけでなく日本でも、実際の暮らしで求められる以上に大きなサイズを持っていることもご存知だと思う。米国だけでなく、中国や中東などの富裕層に響くようにデザインされたモデルだからだ。


また、X7が主要マーケットとしている典型的なドライバーは、欧州のドライバーとは異なる趣向を持っているということもお感じではないだろうか。しかし、餅は餅屋という言葉もある。BMW製のX7は、単なる大きなSUVというわけではなさそうだ。


X7はBMWのラグジュアリーモデル・ラインナップの中でも最新のクルマ。既に小さくはないX5よりも、かなりボディサイズは大きくなっているものの、X7はオフロード走行も得意だとBMWは主張したい様子。ちなみに全長は5.2mで全幅は2.0m、全高は1.8mとなっており、BMW製のクルマとしては、最大のモデルとなっている。


実は筆者はあまりX7のエクステリアデザインが気に入っていないから、X7に乗り込めば外観を目にしなくて済むのがありがたい。BMWのフラグシップとして、これだけのモデルをデザインすることは、チャレンジングなことだったろうとは思うけれど。

X5同様のクラスター・アーキテクチャを採用

ボディサイズは違っていても、X7とX5の関係性はかなり近い。プラットフォームは、ともにモジュール式のクラスター・アーキテクチャ(CLAR)を使用しており、8速ATだけでなくBMW製のオフロードモデル用コンポーネンツも共通したものとなる。エアサスペンションは標準装備で、3.0ℓ直列6気筒のガソリンとディーゼルエンジンも同じものが搭載されている。一方でX7には、3列目シートが標準装備で、定員は7名となっている点が異なる。


仕向地域によっては強力なV型8気筒エンジンもラインナップされるが、英国に導入されるのは、400psと77.2kg-mを発生させる直列6気筒ディーゼルがトップグレートとなる。ターボはクワッド、つまり4基も備わっている。


340psを発生する直列6気筒ガソリンエンジンを搭載した40iも導入予定だが、英国の場合は30dが最も人気で、60%の割合を占めると予測されている。こちらには264ps/4000rpmと63.0kg-m/2000-2500rpmを発生する、直列6気筒ディーゼルエンジンが搭載されている。


今回の試乗車でもあるMスポーツ・グレードには、21インチのアルミホイールにスポーティなアピアランスを演出するボディキットなどが追加となる。標準装備も充分に素晴らしく、メリノレザー・インテリアに4ゾーン・エアコン、12.3インチモニターによるインフォテインメント・システムに加えて、3列ともにシートヒーターが内蔵される。これだけの充実装備だから価格もそれなりで、X7 xドライブ30d Mスポーツは7万2630ポンド(1053万円)という設定だ。走りはどうだろうか。

どんな感じ?

良好な視界でサイズも気になりにくい

X7で実際に英国の良好とはいい難い路面を走ってみても、ロードマナーは非常に良い。しかし、ダイナミクス性能という点では、決して心拍数を上げてくれるようなものではないことも確か。車重が2.4tもあり、小さな小屋ほどの大きさのクルマだから、当然といえば当然だろう。


この巨体にもかかわらず、比較的狭い道路でも、X7は思いのほか運転がしやすく感じられる。今回試乗した、スコットランドの大自然に伸びるカーブが連続するような道でも、車線内にクルマを留めておくことは意外にも容易だった。対向車で大きなトラックが走ってきた時のすれ違い以外、息を思わず飲んでしまうような場面は少なかった。


このクルマの優れた点が、ドライバーズシートからの不足のない視界。リアウインドウは運転席から遠く離れているが、とても見晴らしが良いから運転がしやすく感じる。また、この重量が生む慣性を考えれば、X7のハンドリング性能は想像を超えている。進路変更をした際の反応の明快さは、アクセルを踏み込んだ時の不足ないグリップ力と相まって、不安感を感じさせないもの。しかし、繊細さという点では納得できるものは得られないけれど。


コーナリング時のボディロールはかなり大きく、巨体のライン取りに集中する必要はあるが、その挙動はかなり穏やか。攻め込んでいくとコーナー外側のタイヤに荷重が掛かっていく印象が感じ取れるものの、それが度を越しても突然アンダーステアになるわけでもなく、操縦性は保たれる。

悪路走破性はレンジローバー級?

コンフォートモード時の乗り心地は快適でありながら、サスペンションが柔らかすぎるということはなく、路面のコブなどを越えたときでもフワつくような、浮いた印象はない。オプションとなる22インチホイールの場合はわからないが、少なくとも21インチホイールを履いている限り、ゴツゴツとした路面からの感触も上手に遮っている。スポーツモードにすると足回りも引き締まるが、この巨体だから、機敏になるというわけでもない。


搭載される3.0ℓの直列6気筒ディーゼルは、X7を圧倒的なスピードで走らせるわけではないにしろ、不満のない速度で大きなボディを動かすのには充分なトルクを湧出する。パワートレイン全体も動きは非常にスムーズで、必要に応じて8段のギアを巧みに使い分けるが、変速はもとてもシームレスに完了する。


恐らくX7のオーナーの殆どはオフロード走行をすることはなく、せいぜい低い歩道の縁石を乗り上げて駐車するときくらいが、オフロード風な場面だろう。しかし、その走破性は折り紙付きといって良さそうだ。今回の試乗車にはデフロック機構と、オフロードパッケージが装備されていたが、普通のサマータイヤであったのにも関わらず、かなり条件の厳しい悪路でも切り抜けることができた。


どこまで本当かはわからないものの、今回オフロードを走行した時に付いたコースガイドが、レンジローバーと遜色なく、オフロードコースを走破することとができたと話していた。頻繁にオフロードコースを走っているひとの言葉だから、信じても良いのかもしれない。

「買い」か?

フラッグシップとして少し物足りない内面

もし英国や日本ののような小さな国で巨大なSUVを欲しいと思うのなら、X7は最良の選択したど思う。このスタイリングが嫌いでなければ、ボディサイズが生む運転上の深刻な問題は、最小限に留めてくれるだろう。7シーターをうたうライバルを見ても、本当の意味で大人7名が十分に快適に乗車できるモデルは、かなり珍しい存在でもある。大抵3列目シートに座れるのは子供か、かなり小柄な大人なことが多いことはご存知のとおり。


反面、わたしが少し残念に感じたのはクルマの内側の部分。といってもインテリアは非の打ち所がないほど優れた仕上がりで、触れる部分に用いられている素材もとても素晴らしいものだから、誤解しないでほしい。つまり、X5とそれほど大きな差を感じられないこと。そもそもアーキテクチャに限っていえば、X5とX7とで明確に異なる部分は多くはないし、X5の派生モデルのようにも思えてしまう。


オプションを追加すれば簡単に9万ポンド(1300万円)を超えるような、フラッグシップモデル級のラグジュアリーSUVを買える層にとっては、少し物足りないのではないかというのが、率直な印象。チャンスを逃さないか、ちょっとだけ心配に感じてしまった。

BMW X7 xドライブ30d Mスポーツのスペック

■価格 7万2630ポンド(1053万円)
■全長×全幅×全高 5151×2000×1805mm
■最高速度 226km/h
0-100km/h加速 7.0秒
■燃費 11.6~11.9km/ℓ(WLTP複合)
■CO2排出量 -
■乾燥重量 2370kg
■パワートレイン 直列6気筒2993ccクワッドターボ
■使用燃料 軽油
■最高出力 264ps/4000rpm
■最大トルク 63.0kg-m/2000-2500rpm
■ギアボックス 8速オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN サイモン・デイビス )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します