現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 自動車メーカーを救えたかもしれない、輝いて消えたコンセプトカー 後編

ここから本文です
ニューモデル 2019.4.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポンティアック:G6コンセプト(2003年)


5代目となるグランドAMは、ポンティアックのエンブレムを付けたモデルの中でも最もスタイリンッシュではないクルマとして、われわれの印象に残った。G6をお披露目した2003年のデトロイト・モーターショーでは、辛口の自動車評論家を納得させようと努めたポンディアック。ロー・アンド・ワイドでスポーティなルックス。先代に置き換わるクルマとして、従来の倍のパフォーマンスとカッコ良さとで、ブランドイメージの好転を狙ったモデルだ。(AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン