現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ロータス初のクーペSUVはこのクルマから始まる…Lynk & Co、第5のモデルをスクープ

ここから本文です
ニューモデル 2019.4.5

ロータス初のクーペSUVはこのクルマから始まる…Lynk & Co、第5のモデルをスクープ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

約1年前、ロータスの元CEOであるJean-Marc Gales氏は、ボルボベースのクロスオーバーSUVを計画していると語っていたが、その基盤となるであろう吉利集団(ジーリー)傘下「Lynk & Co」の新型クロスオーバー・クーペSUVをスクープした。

ボルボとロータスを傘下に持つジーリーは、新ブランドとしてLynk & Coを立ち上げた。同ブランドでは、SUVの『01』、クロスオーバーの『02』、セダンの『03』を発表しており、ハッチバック車の『04』を現在開発中だ。今回とらえた新型クーペSUVは、『01クーペ』とも噂されていたが、第5のモデル『05』としてのデビューが濃厚だ。

    【東京オートサロン2019】日本初公開 新型ロータス・エキシージ カップ 430 公道走行可能な史上最強のエキシージ

これまでよりカモフラージュが軽く、そのディテールが見えてきたプロトタイプは、ボンネット左右のエッジが立っており、長方形のグリル、ヘッドライトの位置などに01との共通点が見てとれる。しかし強い傾斜を持つDピラー、トランクリッドスポイラー、デュアルエキゾーストパイプ、ディフューザーなどは専用のデザインとなっている。

現在開発中のロータスSUVとはプラットフォームを共有するとみられ、この「05」のデザインが大きく影響を及ぼす可能性がある。

パワートレインも見えてきた。7速DCTと組み合わされる2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンは最高出力187psを発揮。また最高出力187psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジン+最高出力81psの電気モーターによるプラグインハイブリッドも期待されており、こちらのEV走行は31マイル(51km)と予想される。

05のワールドプレミアは2020年初頭、ロータス初のSUVは2021年以降の見通しだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス Spyder7編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します