現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日産、北米向けの小型セダン「ヴァーサ」のフルモデルチェンジを予告

ここから本文です
ニューモデル 2019.4.9

日産、北米向けの小型セダン「ヴァーサ」のフルモデルチェンジを予告

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北米日産は3月28日、コンパクトセダンの新型「ヴァーサ(Versa)」を、4月12日に世界初公開すると発表した。

ヴァーサは、セダン人気が根強い北米市場向けモデルとして販売されるBセグメントモデル。以前は日本でも「ティーダ・ラティオ」の名で販売されていた。仕向地によって名前は異なるがそれらを同一モデルとみなせば、世界各国で販売されるグローバルカーである。

    スカイラインが改良で日産マーク&丸目復活。手放しも可のプロパイロット2.0初搭載

米国では12,360ドル(約137万円)というスタート価格で展開されるリーズナブルな価格設定が魅力のヴァーサだが、現行の2代目の登場は2011年と時間が経っていることから、このたびフルモデルチェンジを実施する運びとなった。

新型のデザインはまだ公開されていないが、ツイッターの公式アカウントでは、砂浜に描かれた「2020 NISSAN VERSA」の文字が、打ち寄せる波によって、新型のアンヴェール会場となる「Tortuga Music Festival」に変化するムービーを公開中。このミュージックイベントは、4月12日からフロリダ州フォートローダーデールで開催されるもので、ロケーションの選択からも日産が若年層へのアピールを狙っていることがうかがえる。

世界的にやや元気のないセダン市場だが、様々な場面に溶け込むスタイリングや高い基本性能など、他の車型にはない魅力が存在するのも事実。はたして新型ヴァーサは北米で成功を収めることができるのか。まずはその鍵を握るであろうデザインの公開を楽しみに待ちたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します