現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ヤマハNMAXのカスタムのオハナシ【オーナーズクラブに直撃取材】

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.16

ヤマハNMAXのカスタムのオハナシ【オーナーズクラブに直撃取材】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その完成度の高さからカスタム例がちょっと少なめのNMAXだけど、いよいよムーブメントが到来か!?ここではカスタムも走りも大いに楽しんでいるNMAXオーナーズクラブ関東支部のメンバー&マシンをフィーチャー!PHOTO◉平野 陽/奥隅圭之REPORT◉モルツ

仲間でありライバル⁉スポーツ志向のツワモノ揃い

    【スズキ・'88 RGV250Γ】ツクバ最速マシンの今昔物語⦅その1⦆

 ヤマハの新世代エンジン“ブルーコア”、さらにVVA(可変バルブ機構)を小型スクーターでは初めて採用し、鳴り物入りで二種スク界に登場したNMAX。現在は155ccモデルも追加されて盤石の布陣を組む同車だが、カスタムシーンにおいては盛り上がりに欠ける面も。要するに「ノーマルで十分過ぎるからイジる必要がない」のである。

 しかし、今回取材したNMAXオーナーズクラブの皆々はそんなことなどどこ吹く風! 全車ガッツリとカスタムされていて一堂に会した姿は圧巻だ。このNMAXオーナーズクラブのメンバーは『みんカラ』で繋がっており、大きく関東と関西に分かれて活動しているという。早速、関東支部のリーダー、G's MAXさんに話を聞いてみた。

「メンバーはほとんどが40代で、中には60代の方も。ビッグバイクに疲れて乗り換えた人から、数十年ぶりに復帰したリターン組まで様々です。NMAXは国内パーツがあまり多くないので、海外ブランドを組み合わせてカスタムを楽しんでいます」。

 誰かがカスタムすれば、自分も負けじと躍起になって……。通勤用に買ったのに、いつの間にかカスタムをして走りに行くのが目的に!「定期的にオフ会も開催してツーリングにも行きますよ。ほぼ毎日乗るけど、みんな燃費は気にしていなくて“もっと速く、気持ちよく走りたい”というオーナーが多いですね。今後、カスタムシーンの土台が整えば、シグナスXなどのようにアフターパーも増えていくんじゃないかなと期待し
てます!」。

 それでは早速、オーナーたち渾身のカスタムマシンをじっくり見せてもらいましょう!

カスタムの定番MENU CHECK! 今回取材した7名全員が行っている二つのメニューをピックアップ!

「ボアアップでモアパワーを獲得!」
125ccベースも半数ほどいるが、純正流用のシリンダーヘッドや社外製キットで全員が155 cc以上に排気量をアップ済み。なかなか手を入れづらいエンジン部分だけど、仲間内でパーツの情報を共有し、組み方や耐久性などを研究できている証だ。

「タコメーターで回転数をチェック!」
NMAXには回転計はない。スポーツ性を重んじる彼らは後付けのタコメーター(AutoGauge製など)を純正メーターの左側にセットして走りに興じている様子!他にもフルコンや水温計なども備え、通勤に役立つスマホホルダーも抜かりなし!

電飾にもこだわった極彩フルチューン

 カムイ八王子オリジナルの178ccボアアップキットやKOSO製ハイカムを装着。マフラーはWR’S 製のNC700用エキパイとオーヴァーレーシング製TTフォーミュラのチタンサイレンサーを組み合わせたワンオフ品で、吸気にはKOSO製の大容量インジェクターを使用し、これらをaRacerのフルコンで細かにセッティング。
 他にもエンデュランス製のエアクリを加工して吸気効率を高めたり、発電ローターを強化するなど自作加工が満載!中でも注目なのが前後の灯火類。緑や紫などに発光するLEDプレートやシーケンシャルウインカーといった、電飾でも魅せるドレスアップはサスガだ!

走行性と機能を備えた“通勤特急”

 ボディ&ホイールをトヨタ純正色で塗装した個性派! 183ccキット、プーリー、大径ブレーキディスクなどメインの箇所にTDR製パーツをチョイスし、これに前後YSS製サスペンションやブレンボキャリパーを組み合わせて走りのポテンシャルを強化。その一方で、大型スクリーンやハンドガード、43ℓの大型トップケースを備えて往復30kmの通勤を快適にこなす『通勤特急』に仕上げた!

お手軽ボアアップで脱・二種スク

 ボディ色に合わせて赤のアルマイトパーツを散りばめ、各部のカーボン柄や黒のサイドカバーによってオリジナリティを演出。こちらは125モデルをベースに155用純正シリンダーを使って排気量アップ。現在はaRacerのフルコンを投入して余すことなくパワーを発揮できるようになり、一層充実したNMAXライフを満喫しているそうだ。

TOPIC01 NMAXオーナーのお助けショップ

ミニバイク用パーツを中心に扱い、長年レースでも活躍するカムイ八王子が本格的にNMAXのカスタムを開始。ボアアップキットやハイカム、プーリーといったパワーパーツからアルミハンドルポストLEDテール、スクリーンなどオリジナル(東京24区)を幅広くラインナップ。もちろん組み付けも対応する。話題のaRacer製フルコンも半年以上をかけて独自の取説を製作したという力の入れっぷり!

TOPIC02 コスパ抜群のりやリヤショックが登場!

レースで培ったノウハウをフィードバックしたビームーンファクトリーの〝Z-1リヤサスペンション〝にNMAX用が仲間入り。自由長は純正同寸の330mmとローダウン設計の300mmの2種類。プリロード調整は無段階、伸び側減衰は36段階から調整OK。ハイエンドサスがリーズナブルにGETできるぞ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan モト・チャンプ編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • day*****|2019/03/16 18:57

    違反報告

    文章というより誤字だらけで読みにくいったらねぇな。
    記事をアップする前には必ず見直しして原稿のピアレビューをしましょう。
    そのうえで上司の校閲も経て二重チェックをするべきです。

    まずは推敲が出来ていないので、内容がないよう…なんだけどね。
  • tet*****|2019/03/16 20:36

    違反報告

    神奈川に来てシグナスで通勤始めたが、左から追い抜きすると、意地になってアクセル踏む輩が多過ぎ!
    そんなにスクーターに抜かれるのが嫌なら速く走れ…
    この前ハイラックスに幅寄せされて接触し転倒…
    がっつり示談金巻き上げてやった。
    車載カメラに映ってる幅寄せした事実を警察に提示しないでくれと、頭下げに来た…
    最初から幅寄せするな!
  • lsr*****|2019/03/17 01:07

    違反報告

    正直、この手のビッグスクーター乗ってる奴見ると失笑する。ハイエースとかにFRPで意味不明なウィング?付けてラメ塗装とかしてる系と同じセンスなんだよな〜

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します