現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 噂の三角デイタイムライトは本物だった?アウディ A3 & S3 次期型をダブルスクープ

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.15

噂の三角デイタイムライトは本物だった?アウディ A3 & S3 次期型をダブルスクープ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディ『A3』新型、および高性能モデル『S3』次期型の姿を、豪雪のフィンランド山中でダブルスクープに成功した。

どちらもVWグループ最新の「MQB」プラットフォームを採用し、剛性をアップするとともに、100kg程度の軽量化が図られる。またホイールベースが延長され、フットスペースが広がる反面、Dピラーの傾斜により、後席ヘッドルームが若干タイトになるかもしれない。

    アウディA6セダンとアヴァントを日本導入。デビュー記念モデルは920万円から

捉えた両テスト車両は、『Q3』同様のシャープなアウトラインを持つヘッドライトや、ワイドなグリル、新デザインのテールライトなどが見てとれる。またS3の三角形のデイタイムランニングライトは、『Q8』やQ3では見られない独自のもので、最終市販型にも採用される可能性があるという。

A3と比較するとS3には、より大きなコーナーエアインテーク(現在は偽装されている)、より深いサイドシル、鋭角にカットされたリアバンパーとクワッドエキゾーストパイプを装備していることがわかる。

A3のパワーユニットには、1リットル直列3気筒エンジンを搭載するエントリーモデルを筆頭に、1.5リットル直列4気筒エンジン、48Vマイルドハイブリッドや「e-tronプラグインハイブリッド」、さらにはフルEVモデルも予想され、電動化が進むだろう。

またS3には、7速DCTと組み合わされる2.0リットル直列4気筒ターボエンジンが搭載され、最高出力は320psが予想されている。

キャビン内では、ランボルギーニを彷彿とさせる大型レジスターに注目。恐らく、ステアリングホイールの奥には12.3インチのデジタル・インストルメントクラスタがあるはずだ。さらに10.1インチのMMIタッチスクリーンディスプレイを装備している可能性があるほか、クロームのドアハンドルなど、かなりスポーティなコックピットが期待できそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス Spyder7編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mou*****|2019/03/15 10:32

    違反報告

    最終的にはこの辺を細々と売ってくしかないんだろうな。アウディは。
    上位車種は逆立ちしてもドイツ御三家には敵わないし。
  • chi*****|2019/03/15 12:14

    違反報告

    アウディは間違いなくVWの、いわばレクサス商法、VWの上等車種であって、メルセデスBMWの格下。
  • ren*****|2019/03/15 13:42

    違反報告

    アウディ支持者には稀な人が多い。
    R8を除いて全てFFベースなのに『FFベースじゃない!』と誤認を恥ずかしくもなく連呼する人
    また、ドイツ御三家でもないのに『アウディはベンツ、BMWに並ぶドイツ御三家だ!』と豪語する人。

    アウディはかつてはドイツ御三家と呼ばれた時期もありましたが、現状ではその枠から遠退いています。
    フォルクスワーゲンの上位車種であって御三家ではありません。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します