現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 子ども向けってスペックじゃねぇぞ! ブガッティ、本格的すぎるスーパーキッズカーを発売 価格は370万円

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.14

子ども向けってスペックじゃねぇぞ! ブガッティ、本格的すぎるスーパーキッズカーを発売 価格は370万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴェイロンやシロンなど、億超えのスーパーカーを手がけるフランスの自動車メーカー「ブガッティ」が、子どもが楽しめる電動キッズカー「ベイビーII」を発売しました。

 ベイビーIIは、1920年ごろに販売されていたブガッティ製キッズカーを現代的にアレンジして復活させた最新モデル。元となった初代ベイビーは、創業者であるエットーレ・ブガッティが、一族の末っ子・ローランドくんの誕生日を祝うために、特別なキッズカーを作ったことがきっかけとなり、1920年代から1930年代にかけて販売された子ども向けの電動キッズカーです。

    ど、どうしちゃったの? トヨタが金ピカ車「ニシノクラウン」発表、キンコン西野さんがデザイン

 創業110周年を迎えることを記念してよみがえった「ブガッティ・ベイビーII」は、ブガッティの傑作レーシングカーと言われている「ブガッティ・タイプ35」を4分の3スケールで再現しており、一般的な自動車に比べて一回り小さいサイズとなっていますが、一般的なキッズカーと比べるとはるかに巨大。大人も乗れるサイズです。

 駆動方式はバッテリーとモーターによる後輪駆動となっており、LSDや回生ブレーキも搭載して、本格的なドライブが楽しめるようになっています。子ども向けの仕様として、最高速度を時速20キロに制限するリミッターなどを設けた「チャイルドモード」を用意します。

 さらに、大人も楽しめるように制限を取り払う「アダルトモード」も用意します。全てのリミッターを解除すれば、最高時速45キロ、最大出力1万kWキロワット(約13馬力)に。その性能は本物のクルマと呼んで差し支えないレベルになります。大人向けなのか、子ども向けなのか。どっち狙いなのかよくわからなくなってくるスペックですね。

 「ブガッティ・ベイビーII」は2019年3月11日から予約受付が行われており、生産数は限定500台。価格は3万ユーロ(約376万円)となっています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ねとらぼ交通課 )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します