現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ、クロスカブ50/110に「くまモン バージョン」を追加

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.12

ホンダ、クロスカブ50/110に「くまモン バージョン」を追加

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは、原付レジャーモデル『クロスカブ50』と『クロスカブ110』のカラーバリエーションを変更して7月19日に発売する。

また、熊本県とのコラボレーションにより、同県のPRマスコットキャラクター「くまモン」をイメージした「クロスカブ50・くまモンバージョン」と「クロスカブ110・くまモンバージョン」を新たに追加し、6月21日に発売する。

    ホンダeは後輪駆動で走りにも期待。ジュネーブから現地での第一印象を報告

クロスカブ50/110のカラーバリエーションは、従来各モデルの専用色だった「カムフラージュグリーン」と「クラシカルホワイト」のそれぞれを共通カラーとして設定。クロスカブ50は「カムフラージュグリーン」「クラシカルホワイト」の2色設定、クロスカブ110は「カムフラージュグリーン」「クラシカルホワイト」「パールシャイニングイエロー」の3色設定となる。

クロスカブ50/110・くまモンバージョンは、くまモンをイメージしたブラックとレッドのカラーリングを車体各部に採用。赤いパイピング付きシートの後部側面やクロスカブのロゴマークなど、随所にくまモンの足跡をイメージしたデザインを施したほか、くまモンのイラストをあしらったエンブレムやスペシャルキーを採用するなど、遊び心あふれるモデルとした。こちらの車体色は、グラファイトブラック1色のみ。

販売計画台数は、クロスカブ50/110シリーズが年間5000台、クロスカブ50/110・くまモンバージョンが年間2700台。

価格は、クロスカブ50が29万1600円、同くまモンバージョンが30万2400円、クロスカブ110が33万4800円、同くまモンバージョンが34万5600円。

くまモンバージョンについて、クロスカブは熊本製作所で生産されている。またくまモンバージョンは『モンキー』と『ジョルノ』で実績がある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 丹羽圭@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します