現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型BMW7シリーズのラインナップを整理して考える

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.12

新型BMW7シリーズのラインナップを整理して考える

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つい先日マイナーチェンジしたばかりの7シリーズには例によって多彩なグレードが用意される。それらを出力、燃費などで比較してみよう。

 主力グレードとなる750i xDrive/750Li xDrive。フラグシップとなるM760Li xDrive。プラグインハイブリッドの745e/745Le/745Le xDrive。エントリーディーゼルグレードとなる730d/730Ld/730d xDrive/730Ld xDrive。ディーゼルの中間グレードとなる740d xDrive/740Ld xDrive。そしてハイエンドディーゼルグレードの750d xDrive/750Ld xDrive。合計14グレードとなる。

    より長くて広くて速いのはどっち? メルセデス・マイバッハS650vsメルセデス・ベンツS600ロング ダイムラー製VIPカー サイズ比較

 こうして並べてみると多すぎ! と思うが、整理してみると意外とスッキリする。ガソリンエンジンは3.0ℓ直6、4.4ℓV8、6.6ℓV12の3機種。ディーゼルエンジンは3.0ℓ直6のみで出力違いを3機種用意している。プラグインハイブリッドは3.0ℓ直6ガソリンのみだ。Lがつくとロングホイールベースで標準の3070mmより140mm長い3210mmとなる。xDriveは4WDを意味する。

 これらでバリエーションを作ることで、ガソリンエンジンは6グレード。ディーゼルエンジンは8グレードとなる。これらは欧州で今年発表されたばかりだから日本への導入グレードは何になるか、まだ確定していない。だが、昨今の電動化偏重の動きを見ているとプラグインハイブリッドの導入は堅そうだ。一方でディーゼルは欧州は相変わらずディーゼルラインナップが豊富で、マスメディアの報道だけを見ていると、欧州市場は明日にも全部EVになりそうだが、現実はまだまだ遠いという印象だ。

各グレードのスペック

750i
ガソリン4.0ℓV8ツインターボエンジン
最高出力:530ps/5500~6000rpm
最大トルク:750Nm/1800~4600rpm
0-100km/h加速:4.0秒
燃料消費量(EU複合):9.5ℓ/100km

760li
ガソリン6.6ℓV12ツインターボエンジン
最高出力585ps/5250~5750rpm
最大トルク850Nm/1600~4500rpm
0-100km/h加速:3.8秒
燃料消費量(EU複合):12.5~12.4ℓ/100km

745e
ガソリン3.0ℓ直6ツインターボエンジン
最高出力286ps/5000~6000rpm
最大トルク450Nm/1500~3500rpm
モーター最高出力113ps
モーター最大トルク265Nm
0-100km/h加速:5.2秒
燃料消費量(EU複合):2.2~2.1ℓ/100km
EV走行可能距離:54~58km

730d
ディーゼル3.0ℓ直6ツインターボエンジン
最高出力265ps/4000rpm
最大トルク620Nm/2000~2500rpm
0-100km/h加速:6.1秒
燃料消費量(EU複合):5.5~5.3ℓ/100km

740d
ディーゼル3.0ℓ直6ツインターボエンジン
最高出力320ps/4400rpm
最大トルク680Nm/1750~2250rpm
0-100km/h加速:5.3秒
燃料消費量(EU複合):6.0~5.6ℓ/100km

750d
ディーゼル3.0ℓ直6ツインターボエンジン
最高出力400ps/4400rpm
最大トルク760Nm/2000~3000rpm
0-100km/h加速:4.6秒
燃料消費量(EU複合):6.0~5.8ℓ/100km


 なお745eはラグジュアリー・サルーンとしてはじゅうぶんな性能だが、注目はプラグインハイブリッドモデルでEV走行可能距離は先代よりも約30%伸びて最大58kmにもなるという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します