現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > より長くて広くて速いのはどっち? メルセデス・マイバッハS650vsメルセデス・ベンツS600ロング ダイムラー製VIPカー サイズ比較

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.11

より長くて広くて速いのはどっち? メルセデス・マイバッハS650vsメルセデス・ベンツS600ロング ダイムラー製VIPカー サイズ比較

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

究極のエクスクルーシブ性を追求する威厳と風格を備えたブランドとして誕生した「メルセデス・マイバッハ」の最上級モデル「メルセデス・マイバッハS 650」。メルセデス・ベンツブランドにおいて最もプレステージ性の高いモデルとして君臨する「メルセデス・ベンツS 600ロング」。両車のボディサイズ、後席の居住性、最小回転半径、エンジン性能を比較してみよう。

 3月5日より開催されたジュネーブモーターショーで、6.0ℓ V12エンジンを搭載する「メルセデスAMG S 65」の「ファイナルエディション」が、全世界130台限定モデルとして発表された。

    新型BMW7シリーズのラインナップを整理して考える

 これはつまり、「メルセデスAMG S 65」のみならず、同じ6.0ℓ V12エンジンを搭載する「メルセデス・マイバッハS 650」と、スペックは異なるものの6.0ℓ V12という点では共通の「メルセデス・ベンツS 600ロング」も、早晩生産終了する可能性が高いことを意味している。これらを新車で購入するのを以前より検討していたエグゼクティブに、迷っている時間はほとんど残されていないと言っていいだろう。

 この3台の中から、ショーファードリブンカーとしての性格が強い「メルセデス・マイバッハS 650」と「メルセデス・ベンツS 600ロング」を、日本仕様同士で比べてみた。

メルセデス・マイバッハS 650 全長×全幅×全高:5465×1915×1495mm ホイールベース:3365mm トレッド:フロント1630/リヤ1645mm

メルセデス・ベンツS 600ロング 全長×全幅×全高:5255×1900×1495mm ホイールベース:3165mm トレッド:フロント1635/リヤ1635mm

「メルセデス・マイバッハS 650」は、標準ボディのSクラスより130mmホイールベースが長いロングボディの「メルセデス・ベンツS 600ロング」よりもさらに200mmも延長されており、総計330mmもの延長分はすべて後席の快適性向上に充てられている。

メルセデス・マイバッハS 650 後席ヘッドルーム:963mm 後席ニールーム:325mm

メルセデス・ベンツS 600ロング 後席ヘッドルーム:951mm 後席ニールーム:166mm

「メルセデス・ベンツS 600ロング」でも充分過ぎるほど後席は広いのだが、「メルセデス・マイバッハS 650」はヘッドルームが12mm、ニールームに至っては159mmも広く、もはや前席にいるドライバーが遥か遠くに感じられるほどだ。

 なお両車とも、43.5度までリクライニング可能なバックレストに加えレッグレストとフットレストを装着する「エグゼクティブシート」を標準装備。さらに、左右独立シートや格納式テーブルなどで後席をより安楽にする4人乗り仕様の「ファーストクラスパッケージ」をオプション設定している。



メルセデス・マイバッハS 650 最小回転半径:6.0m

メルセデス・ベンツS 600ロング 最小回転半径:5.7m

 全長は5m、ホイールベースは3mを優に超える巨体ながら前輪の切れ角が大きいため、小回り性能は極めて優秀。車体四隅や前後輪の位置も把握しやすく、狭い駐車場でも入出庫は意外と容易だ。だがその分、ステアリングを目一杯切って曲がった時の内輪差も大きいため、リヤドア~後輪を障害物などにヒットしないよう気を付けたい。

メルセデス・マイバッハS 650 最高出力:463kW(630ps)/4800-5400rpm 最大トルク:1000Nm(102.0kgm)/2300-4300rpm

メルセデス・ベンツS 600ロング 最高出力:390kW(530ps)/4900-5300rpm 最大トルク:830Nm(84.6kgm)/1900-4000rpm

「メルセデス・マイバッハS 650」のM279型、「メルセデス・ベンツS 600ロング」のM277型とも、ポート噴射・ツインプラグのSOHC3バルブV12ツインターボ、ボア×ストローク=82.6×93.0mmという基本構成は共通で、両エンジンの違いはチューニングによるもの。だが最高出力は100ps、最大トルクは170Nmもの開きがある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 遠藤正賢)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hir*****|2019/03/11 22:52

    違反報告

    やっぱりV12は最高です。このエンジンの重量感がドッシリとした走行安定性を生み、なんと言ってもエレガントなエンジンサウンド、、、もう最高です。昨今のダウンサイジングエンジンブームの中、時代に逆行しながらもV12を作り続けるダイムラーは流石です。需要はどんどん低下しているが、まだまだ作り続けて頂きたい。
  • rud*****|2019/03/11 21:19

    違反報告

    つい先日S65を見ました。(ロング)
    マジで音が素晴らしくて思わず目で追ってしまいました。
    私はつい最近Sのクーペを買ったのですが(私のはベースグレードの3リッター版)全然違ったなぁ〜
    まぁ値段も全然違うから当たり前なんでしょうけど。
    あれが無くなるのは悲しいな。
    あっても無くても自分が買えないことには変わりないけど。
  • mou*****|2019/03/12 12:14

    違反報告

    中国の取引先の招待で行った時は、普段の足に使ってたのはマイバッハだったなあ。(ちなみに英語読みではマイバック。)
    普通に良い車。僕のビジネスパートナーもそうだし皆普段の足はポルシェ、フェラーリ、ランボ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します