現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ディスカバリースポーツ が初のフェイスリフト、最終デザインが見えてきた

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.9

ディスカバリースポーツ が初のフェイスリフト、最終デザインが見えてきた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランドローバーの7人乗りコンパクトSUV、『ディスカバリースポーツ』改良新型が、豪雪のスカンジナビアでウィンターテストを開始した。

同ブランドの最小クロスオーバーSUVとして、2015年にデビューした現行モデルは、瞬く間にベストセラーへと成長。初のフェイスリフトが行われる。キャッチしたプロトタイプは、フロントマスク全体がカモフラージュされているが、新グラフィックのヘッドライトの一部や、大型のコーナーエアインテークが見てとれる。また市販型テールライトが初めて点灯し、そのデザインも見えてきた。

    新型ディスカバリーは先進技術満載でレンジローバーに迫る性能を手に入れた

実は今回撮影した写真には、2台の試作車が写されていることにお気づきだろうか。もちろんナンバーで判別がつくが、ボディに貼られた黒いテープに注目だ。1台は左側の前後フェンダーに、もう1台はフロントドアパネル下部に貼られている。よく見ると凹凸ができており、ハードなスノーテストの苦労が伺える。

パワートレインの注目は電動モデルの強化だ。1.5リットル直列3気筒インジニウムエンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドを頂点に、マイルドハイブリッドモデルが下位にラインアップされる。またコックピットはレンジローバーイヴォーク』や『ヴェラール』から継承されるデュアルスクリーンが搭載されるだろう。

また、カメラの画像をタッチスクリーンに映し出すことで、ドライバーがボンネットを透視できる世界初の「グランド・ビュー・テクノロジー」の搭載も予想される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します