現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 創業者はポルシェのひ孫 ピエヒ・マーク・ゼロ発表 ジュネーブ2019

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.7

創業者はポルシェのひ孫 ピエヒ・マーク・ゼロ発表 ジュネーブ2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 他とは一線を画す生い立ち
ー 特殊感溢れる新技術

    ピエヒ・オートモーティブ新型車 すべての画像をみる

他とは一線を画す生い立ち

ピエヒ・オートモーティブはアントン・ピエヒによって2016年に創業された。アントン・ピエヒはフォルクスワーゲングループの元取締役会長、フェルディナント・ピエヒの孫に当たる。

さらに、曽祖父はあの伝説的なフェルディナント・ポルシェという、まさに自動車界のサラブレッドのような人物だ。

ピエヒはスイスのチューリッヒに本拠地を置く会社で、フォルクスワーゲングループとの関係性は全くない。アントンのビジネスパートナーは工業デザイナーのレア・シュターク・ライチックだ。

2人乗りの2ドアクーペであるマーク・ゼロは昨今乱立するEV新興ブランドのように、スケートボード型のシャシーを採用していない点が珍しい。ベースにはピエヒが200人の外部の従業員と提携して開発した独自のものが採用されている。

バッテリーもよくあるフロア配置ではなく、車体の中心部やリアアクスルの間に設定されている。203psを出力する誘導モーターが前後のアクスルに配置され、最高速度250km/h、0-100km/h加速は3.2秒を実現。

特殊感溢れる新技術

ピエヒのプラットフォームは電気自動車のバッテリーやモーターのみならず、従来の内燃機関やハイブリッド、燃料電池などのさまざまなパワートレインを搭載することが可能としており、バッテリーなどのハードウェアは容易に感想が可能とのこと。

マーク・ゼロの採用されているバッテリーは中国のデステンという企業のものだ。バッテリーに使用されているセルも熱効率に非常に優れているという新しいものを採用している。液冷よりも水冷という方式を採用しており、4分40秒で80%の充電を完了させる。

充電器などのインフラ整備はドイツと中国の合資企業、TGOODが担当する。TGOODは現在、310の都市で21万以上の充電スタンドを提供している。

施行されたばかりの試験方法、WLTP下での航続距離は500kmを目指しており、車両重量は1800kg以下となる。似たようなEVクーペのリマックC_Twoの車両重量が1950kgとのことなので、非常に軽量というのがわかるだろう。

マーク・ゼロのデザインを担当したデザイナーは明らかとなっていないが、デザインスケッチなどはポルシェのデザイナー、ピーター・ヴェガのサインが書かれている。ピエヒへ出資した企業なども明らかとなっていない。

このレトロモダンスタイルなクーペに続き、ピエヒは今後セダンやSUVなどもリリースしていく計画だ。さらにはコンバーチブルやピックアップトラックなども可能性はあるとしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します