現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポールスター2 アンドロイド系、最新世代インフォテインメント ジュネーブショー

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.7

ポールスター2 アンドロイド系、最新世代インフォテインメント ジュネーブショー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最高出力408ps、航続可能距離500kmへ

ポールスターは、航続可能距離500kmを目指す新型EV、ポールスター2を、ジュネーブ・モーターショーで発表した。AUTOCARではその実車写真を撮影してきた。

    『ポールスター2』すべての画像をみる

バッテリー容量は78kWhで、27のモジュール・バッテリーパックをフロア下に敷き詰めた。エレクトリックパワートレインが四輪を駆動し、最高出力408ps、最大トルク67.3kg-mを発揮する。

プラットフォームは、ボルボカー・グループのCMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)である。

また内装については、最新トレンドともいえる簡潔なインテリアを採用。デザイン部門を率いるマキシミアン・ミッソーニは、「このモデルの購入を検討する前衛的な感覚のカスタマーが気に入ってくれそうな、斬新なテキスタイル」を使用したと話している。

注目は、グーグルのサービスを組み込んだ次世代型インフォテインメント・システムだ。アンドロイドを基幹としたシステムで、初採用となるのがポールスター2ということになる。

本システムには、グーグル・アシスタント、グーグルマップ、グーグルプレイストアが含まれ、12.3インチのデジタルメーターでも、11.15インチのセンターディスプレイでも操作でき、自然な会話のように指示ができるボイスコントロールやハンスフリーオペレーションにも対応する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します