現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > VW社長 「次の大きな挑戦、エンジンよりソフトウェア」 マイクロソフトと提携も

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.7

VW社長 「次の大きな挑戦、エンジンよりソフトウェア」 マイクロソフトと提携も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー クルマは複雑なインターネット・デバイスに
ー マイクロソフトと提携
ー 自動運転車は慎重に

    わった? BMWを例に今後を予想

クルマは複雑なインターネット・デバイス

転換期を迎えているフォルクスワーゲンのクルマにとって、より困難な挑戦となるのは電動パワートレインの開発ではなく、完全なコネクテッドカーを作り上げることだと、ヘルベルト・ディースCEOは語る。

「われわれはドライブトレインの電動化という転換期を迎えています」と彼は言う。「2050年までに排ガスを出さず、CO2ニュートラルなクルマだけを作る会社になりたいと考えています。そのための計画を立てており、間もなくEVを導入します。それはコネクテッドカーになるでしょう。素晴らしいことです」

「しかし、次の(ソフトウェアの)転換はわれわれにとってさらに困難なものになります。現在のわれわれにはない技術が必要になるからです。われわれは完全に新しい一連の技術と能力を築き上げなければなりません。ソフトウェアの変革はわれわれにとって新しい挑戦となります。クルマはおそらくスマートフォンより複雑なインターネット・デバイスになるでしょう。その研究をわれわれは始めたばかりなのです」

フォルクスワーゲン・グループは先日、クリスチャン・ゼンガーを新しいソフトウェア担当取締役の地位に抜擢すると決定したばかりだ。この件は、ソフトウェアの分野が同社にとってどれほど重要であるかを表している。「われわれは(この分野に対し)多大な努力を続けています」ディースは言う。「それはまた、自動運転への準備でもあります。クラウド技術とデータ接続なしで自動運転は機能しません」

マイクロソフトと提携

マイクロソフトとの提携が発表された先日のプレスカンファレンスにおいて、ディースは現在のクルマには1000万ラインのコードが使われているが、今後はもっと多くなると語った。

「現状のソフトウェアに関する技術力は乏しいと言わざるを得ません。2025年には現在の3倍ものソフトウェアがクルマに搭載されることになるでしょう。自動運転では10倍にもなります」

クルマの差異化はソフトウェアによるところが大きくなると、同氏は付け加えた。「われわれはソフトウェア企業にならなければなりません。しかし、そこまでの道のりはまだまだ長い」

自動車会社はテクノロジーを求め、ますますサードパーティとの提携を推し進めている。自動車産業は従来のようにクルマを提供するだけでなく、テクノロジー主体のサービスを提供するビジネスへと進化しつつあるのだ。

しかしながら、ディースによれば、マイクロソフトとの提携を選択した理由の1つは、同社が企業を対象に商取引を行う企業であるからだという。

「顧客の注目を引くという点において、彼らはわれわれと競合しません」と同氏は言う。「彼らはわれわれの仕事に協力し、その成果から利益を得ようとしています」

自動運転車は慎重に

VVグループ傘下のセアトは今週初め、自社のソフトウェア部門を12カ月以内に立ち上げると発表した。

デジタル部門役員のファビアン・シマーは「われわれは社内でノウハウを蓄えなければなりません。それが他のブランドと差異化する手段となるのです。われわれは車載ソフトウェアやモビリティ・サービスの研究に取り組んでいます。なぜ、それをサードパーティに与える必要があるのでしょうか」とAUTOCARに語った。

自動運転車の実現について、ディースは彼自身がまだ慎重な考えであることを明らかにした。「ひとびとは2年前と比べ、さらに慎重になっていると思います。まだしばらく時間が掛かるでしょう。安心して自動運転車と生活するためには、実際に多くの安全性が求められます。慎重にならなければなりません」

「まだ未完成であり、多くの開発が必要です。わたしはそんなクルマが世界中で使われることを目指しています。今も発展を続け、改良が進んでいますが、まだやるべきことはたくさんあります」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します