現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポルシェ、918スパイダー後継の存在認める 911(992型)ハイブリッドも準備 ジュネーブ

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.6

ポルシェ、918スパイダー後継の存在認める 911(992型)ハイブリッドも準備 ジュネーブ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 918スパイダーの後継、認める
ー 911ハイブリッドも鋭意準備中

    試乗 ポルシェ718ケイマンT 高コスパ評価 排気音「イマイチ」

918スパイダーの後継、認める

ポルシェのオリバー・ブルーメ会長は、918スパイダーの後を受けるハイテクなハイパーカーについて、製品戦略の社内検討に入ったことを認めた。

ジュネーブモーターショー2019の会場でブルーメは、新たなフラッグシップモデルはプラグイン・ハイブリッドかピュアEVで、承認されれば、2020年代半ばに発売される見通しだと語った。そのハイパーカーは、ポルシェの電動ドライブトレインのショーケースとして設計されることになるだろう。

そのクルマは、2015年に918台の生産を完了して以来、空位となっているポルシェのラインナップの頂点を埋めるものとなる。ブルーメは、最近のポルシェが初のEVとなるタイカンとタイカン・スポーツツーリスモの準備で慌ただしいというが、マクラーレンP1やリマック・コンセプトワンなどの競合モデルを検討しているとも述べている。

「将来的には、次世代バッテリーを積んだハイパーカーの可能性は見込んでいます」とはブルーメの談だ。「それが極めてハイパフォーマンスなクルマになるのは確実です。まだ決断は下していませんが、2025年以降となる可能性が高いかと。まさしく、それがわが社の商品戦略なので」

ハイパーカーと関連する開発についてブルーメは、ポルシェが注意深く全固体電池の技術開発の進捗を見守っているという。これは、米カリフォルニアのスタンフォード大学と共同研究をしているものだ。この事業は、フォルクスワーゲングループによる7600万ポンド(約114億円)の出資目的に含まれるもの。投資先のクァンタムスケープ社は、スタンフォード大からのスピンオフとして2018年に設立された、全固体電池を扱うベンチャー企業だ。

ブルーメは、進行中のハイパーカー戦略がまだ始まったばかりだと示唆した。「わたしたちはまだ、ハイブリッドかEVかを決めてすらいません。今はバッテリーの進化を待っている段階です。それを見極めてから、決定することになるでしょう」

911ハイブリッドも鋭意準備中

ブルーメはまた、彼らが911のガソリンハイブリッド仕様の発売に向けて力を注いでいることも認めた。「わたしたちは、今後も許される限り、高性能ガソリンエンジンをスポーツカーに積み続けるでしょう。とはいえ、911向けのハイブリッド・ドライブトレインも考えに入れています。プラットフォームの準備は整っています」

ポルシェはモータースポーツの分野で、ハイブリッド技術の知識を蓄積してきた。その中には、ル・マン24時間を3度制した919ハイブリッドも含まれる。そのノウハウが活かされ開発中のパワーユニットは、911の最強バージョンになるだろうというのはブルーメの弁だ。

彼はパナメーラS-Eハイブリッドを例に挙げ、60Ahバッテリー技術を用いれば、700ps近いパワーを出せるとした。これに対し最新の911ターボは、3.8ℓ水平対向ツインターボで、734psを搾り出す。

「プラグインにすれば、ウエイトは増しますが、航続距離は伸びます。それとも、919ハイブリッドのような手法をとるか。どちらにするかは未定です。しかし、3~4年のうちには、なんらかのかたちでハイブリッド版の911をお見せできるでしょう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します