現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フィアット・チェントヴェンティ パンダの後継か ジュネーブショー

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.5

フィアット・チェントヴェンティ パンダの後継か ジュネーブショー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー パンダの再来 EVシティカー
ー オプション多数
ー 小型EVに注力へ

    アルファ・ロメオ・トナーレ 新小型SUV プラグインハイブリッド採用 ジュネーブ

パンダの再来 EVシティカー

フィアットはコンセプト・チェントヴェンティというパンダの再来ともいえるEVシティカーをジュネーブ・モーターショーで公開した。

この小型車はフィアットの120周年を記念して名付けられ、パンダなどのフィアット車のスタイリング要素を取り入れている。「フィアットにしかできない電動モビリティ」を表現したとのことだ。

チェントヴェンティはカスタマイズ性の高いクルマであり、標準状態ではバッテリーはひとつのみであり、航続距離はわずか100kmとのことだ。オプションでバッテリーを追加することにより、最長500kmまで延長することができる。フィアットによれば、バッテリーの追加による運動性能や安全性への影響はないとのことだ。

今回ジュネーブで展示されたコンセプトからは、ミニマルなダッシュボードが確認されたほか、助手席は装着されていなかった。またダッシュボード上には、アクセサリーなどを装着できるノッチが用意されている。子供向けシートやラップトップテーブルなどもオプションで選択可能だ。

スマートフォンやタブレットなどをデジタルディスプレイスクリーンとして利用することを想定しているが、従来型のスクリーンも選択可能だ。

オプション多数

フィアットによれば、このクルマには一種類のボディカラーのみが用意されるとのことだ。社長のオリバー・フランソワは「このクルマが参考にしたのはモデルTです。とはいってもiPhoneの殻を被ったモデルTですが」と語った。

フィアットはルーフ、バンパーの色およびホイールの選択肢を複数用意している。ルーフは脱着可能で、サンルーフ、ソフトトップ、ルーフラックなどの複数の選択肢が用意されている。

他にも多数のオプションが設定され、ディーラー、ユーズドパーツ市場、3Dプリントのパーツなどが使用可能とのことだ。フランソワはチェントヴェンティについて、「レス・イズ・モアの概念を体現しています」と語る。

このクルマはコンセプトに過ぎないが、将来的には市販化が予定されている。しかし、これらの技術がどの程度引き継がれるかは不明だ。

小型EVに注力へ

現行のパンダは特にイタリアにおいてフィアットの売り上げの多くを占めている。昨年欧州で17万台前後のパンダが販売され、今年1月の登録台数は昨年同月よりも増加している。

3代目パンダは2011年のフランクフルトモーターショーで発表された。しかし、昨年12月にはユーロNCAPにおいて星をひとつも獲得できなかったことが話題となっている。

もし新型パンダが登場することになれば、フィアット500、500L、500X、プント、ランチア・イプシロンなどと共有する新プラットフォームを使用することになるだろう。

そしてフィアットは、500のEV仕様を来年のジュネーブ・モーターショーで公開する予定を示した。500EVの登場の予告にともない、フィアット・クライスラー・オートモビルズはフィアットが今後小型EVやシティカーに注力する方針をしめした。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mxb*****|2019/03/06 00:51

    違反報告

    500に角ばらせた、あのパンダのデザインをオマージュしたボディを纏わせて新世代の3ドアパンダを作っても良いような……でももはや3ドアはないか、とも思ってみたり………

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します