現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダeプロトタイプ 「95%製品版」 2019年後半に欧州販売 価格を重視 ジュネーブ

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.5

ホンダeプロトタイプ 「95%製品版」 2019年後半に欧州販売 価格を重視 ジュネーブ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 2019年後半~欧州販売か
ー 価格の重要性について

    最新画像追加 ホンダ・アーバンEV 画像13枚

2019年後半~欧州販売か

ホンダ・アーバンEVとして注目をあつめ、いまはeプロトタイプを名乗るホンダの小型EVは、今年後半からヨーロッパで販売される可能性が高い。なお、2020年に、他の地域でも発売予定である。

レトロなデザインは、アップル社のデザインを意識しているということだ。

また、ジュネーブモーターショー2019にディスプレイされた個体について「95%製品化可能な状態」と説明。2017年のフランクフルトモーターショーで発表されて以来、ほとんど姿を変えず、製品化までこぎつけたことになる。

ホンダは、スペックについて明らかにしていないが、フィットよりわずかに全長が短く、ミニより100mmほど全高が高くなるとAUTOCARは考える。

また、航続可能距離は200km程度で、30分間で80%程度まで充電が完了すると考えるのが一般的ではないだろうか。

価格の重要性について

プラットフォームはA/BセグメントのEV用を使用し、アメリカ試乗のアコード・プラグインハイブリッドと似たバッテリーをフロア下に敷き詰める。

リアにマウントされるモーターが後輪を駆動するのは、トルクベクトリングを考慮したもので、タイトコーナーでもクイックな動きを実現するはずだ。

価格についても発表がなされていないが、ホンダeプロトタイプの開発を担当する、人見康平は「(価格設定は)とても重要ですね」と述べたうえで「安ければいいというわけではないと思います」という。

「アップルの製品は、決して安価ではありませんが、付加価値があるからこそ需要もあるでしょう。われわれの作るEVも、おなじ立ち位置でありたいです」と付け加えた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します