現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ヤマハ「YZF-R25」がリニューアル 怖ぇ! ギッとニラむMotoGPマシンイメージの新デザイン

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.5

ヤマハ「YZF-R25」がリニューアル 怖ぇ! ギッとニラむMotoGPマシンイメージの新デザイン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハ発動機は3月5日、250ccクラスのスポーツバイク「YZF-R25」の2019年マイナーチェンジモデルを発表。2019年3月28日に発売します。

 YZF-R25は249ccの直列2気筒エンジンを搭載するスポーツバイクシリーズ。標準モデルのYZF-R25とABS(アンチロックブレーキシステム)を装備したYZF-R25 ABSの2モデルを用意します。海外では排気量がやや多い320ccクラスのYZF-R3も含めてデザインを一新した2019年モデルが一足先に発表されており、日本市場への登場が待ち望まれていました。

    こ、これはいい! 「YZF-R25/R3」を70年代レーサー風に変身、CA発のカスタムキット

 2019年モデルは、MotoGPマシン譲りの新カウルとタンクで外観デザインを一新。フロントマスクは、ギロッとにらむかのように挑戦的な表情となった二眼LEDヘッドライトと、MotoGPマシンのデザインに通じるヘッドランプの間に設けたセンターダクトによって、さらにレーシーなイメージを強調したスタイルになりました。

 この他、フロントフォークを正立式から37ミリ径インナーチューブの倒立式へ刷新し、ハンドルの取り付け位置も従来より22ミリ低いトップブリッジ下に移動。走行性能の向上とともに、より前傾姿勢の強いレーシーなライディングポジションが取れるようになります。メーターもフル液晶表示となり、装備の充実も図っています。

 エンジンは249ccの水冷4ストローク直列2気筒。最高出力は1万2000rpm時で35馬力、最大トルクは1万rpm時で2.3kgf-m(23Nm)。燃費はWMTCモード値(クラス3、サブクラス3-2)でリッター27.2キロ。車体サイズは2090(全長)×730(幅)×1140(高さ)ミリ、シート高730ミリ、重量は約167キロです。

 価格はYZF-R25が59万9400円(税込、以下同)、YZF-R25 ABSが64万2600円。ボディーカラーは、ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2、マットディープレッドメタリック3の3色を用意します。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ねとらぼ交通課 )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します