現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > Sクラス V12搭載車最終モデル、メルセデスAMGから世界限定130台…ジュネーブモーターショー2019で発表予定

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.5

Sクラス V12搭載車最終モデル、メルセデスAMGから世界限定130台…ジュネーブモーターショー2019で発表予定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは3月4日、『Sクラス』のV12搭載最終車、メルセデスAMG『S65ファイナルエディション』(Mercedes AMG S 65 Final Edition)の概要を明らかにした。実車は3月5日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー2019で初公開される。

メルセデスベンツSクラスのV型12気筒エンジン搭載車には、長い歴史がある。しかし、V型12気筒エンジン搭載車については、世界的なダウンサイズトレンドもあり、SクラスのサルーンのV型12気筒エンジン搭載車は、今回の世界限定車130台をもって生産を終了する。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

S65ファイナルエディションでは、ボディカラーに専用のハイグロスのオブシディアンブラックを採用した。20インチのマルチスポークホイールも専用だ。フロントバンパーのグリルは、マットブロンズ仕上げ。Cピラーには、AMGのエンブレムが配される。テールパイプは、ハイグロスブラック仕上げとした。車体を保護する専用のボディカバーが付属する。

インテリアはブラックナッパレザーが標準で、クーパー色のステッチを施す。カーボンファイバー製のトリムも装備した。センターコンソールには、限定車を示すシリアルナンバープレートが添えられる。エンジンルームの「One Man One Engine」のエンブレムも専用デザインとした。

パワートレインは、6.0リットルV型12気筒ガソリンツインターボエンジン。最大出力630hp/4800~5400rpm、最大トルク102kgm/2300~4300rpmを発生する。0~100km/h加速は4.3秒。AMGドライバーパッケージが標準装備されており、最高速は300km/hに到達する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jkg*****|2019/03/05 15:09

    違反報告

    AMGのバリバリしたマフラー音聴くと63を選びがちになりますね
  • muz*****|2019/03/05 23:50

    違反報告

    本モデルがノーマル、AMG含めSクラスの最高傑作だと思う。

    でも560SELとSECのAMGワイドフェンダーは至高のモデルとして別枠。
    6LのV12登場以降でってことね。

    次のモデルは新時代を象徴する全く別のSクラスになると予想。
    どう転ぶか、良くも悪くも期待を裏切るでしょう。

    現行はほんといい車。
    基本はメルセデスなんだけとやっぱり過去モデルは迷走してたと思う。
    そしてやっと20年以上を経てたどり着いたゴール。
    でもそれはスタート。
    また迷走の始まりか否か、ワクワクするよな!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します