現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ベントレー コンチネンタルGT 新型に635馬力のオープン、ジュネーブモーターショー2019で発表へ

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.4

ベントレー コンチネンタルGT 新型に635馬力のオープン、ジュネーブモーターショー2019で発表へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベントレーは、スイスで3月5日に開幕するジュネーブモーターショー2019において、新型『コンチネンタルGTコンバーチブル』(Bentley Continental GT Convertible)を初公開すると発表した。

◆コンセプトカーのモチーフを取り入れたグラマラスなデザイン

    ゴージャス感増し増し、コンチネンタルGT コンバーチブル登場

同車は、2017年秋に発表された新型『コンチネンタルGT』のオープンバージョンだ。ベントレーはジュネーブモーターショー2015において、2ドアクーペのコンセプトカー、『EXP10スピード6』を初公開した。新型コンチネンタルGTコンバーチブルには、フロントマスクなどにこのコンセプトカーのモチーフを採用し、ボディ全体もグラマラスなラインとした。

新型コンチネンタルGTコンバーチブルではルーフにソフトトップを採用した。開閉にかかる時間は19秒で、50km/h以下なら走行中でも開閉できる。ソフトトップにはツイード仕上げをはじめ、7種類のファブリックカラーを用意している。オープン走行時に、首回りの快適性を高めるネックウォーマーを装備、シート、ステアリングホイール、アームレストにも、ヒーター機能が付く。

◆ウッドパネルが回転してベントレー史上最大の12.3インチタッチスクリーンが出現

新型コンチネンタルGTコンバーチブルのセンターコンソールには、「ベントレー・ローテーションディスプレイ」が装備されている。エンジンを始動するとセンターコンソールのウッドパネルが回転して、ベントレー史上最大の12.3インチタッチスクリーンが現れる。このスクリーンは近接センサーが内蔵されており、指を近づけるとセンサーがそれを感知し、該当するアイコンがハイライト表示される。

ローテーションディスプレイの3つ目の面にはアナログメーターが3つ、外気温とコンパスとクロノメーターが設けられている。ローテーションディスプレイは、伝統のデザインを革新的に生まれ変わらせる手法だ。

新型コンチネンタルGTコンバーチブルには、最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用する。LEDマトリクスビームヘッドランプは、マニュアル操作なしでメインビームを点灯させたまま走行できる。ライトは対向車のドライバーが眩しく感じることがないよう自動で調整され、高速道路、市街地や郊外に合わせて最適な状態を維持する。

オプションの「ナイトビジョンカメラ」は、明かりの少ない環境でも障害物を認識し安全性を高める。アダプティブクルーズコントロールは先行車に追従して自車の速度を制御する。レーダーセンサーで前方をモニターし、ドライバーが設定した速度を維持する。先行車が減速すると、自車も減速し、状況に応じて停止。先行車が発進すると、自車も発進し、設定速度まで加速する。すべて自動で行われ、ドライバーはペダル操作から解放される。

◆ベンテイガ譲りのW12ツインターボ搭載。0~100km/h加速3.8秒、最高速333km/h

パワートレインは、SUVの『ベンテイガ』譲りの新世代6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボエンジンだ。最大出力は635ps、最大トルクは91.8kgmを発生する。トランスミッションは8速デュアルクラッチ、駆動方式は4WD。新型コンチネンタルGTコンバーチブルは、0~100km/h加速3.8秒、最高速333km/hの性能を実現する。

アダプティブシャシーには、48Vの「ダイナミックライドシステム」を採用した。路面状況を問わず、乗り心地やハンドリングを引き上げる。新システムでは、横方向のロールを制御することで、乗員への不快な挙動を抑えている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します