現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ランボルギーニ・ウラカンの新モデル、EVOは優れた頭脳を持つ、最高に楽しいスーパーカーだ!

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.4

ランボルギーニ・ウラカンの新モデル、EVOは優れた頭脳を持つ、最高に楽しいスーパーカーだ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランボルギーニのV10ミッドシップ、ウラカンに新たに加わった新モデルがウラカンEVOだ。ウラカンとしては初のAWSを採用し、フィードフォワード制御も持つLDVIを搭載している。その走りをバーレーンで試してみた。

 ウラカンはデビューからすでに5年が経つが、その間に様々なバリエーションを登場させている。このたび、また新たなバージョンがそのラインナップに加わることになった。それがウラカンEVOだ。2017年にウラカン・ペルフォルマンテが登場しているから、それから2年足らずでのニューモデルの登場である。

    ランボルギーニ最強V10モデル、ウラカンEVOにスパイダーが仲間入り

 搭載されるエンジンはペルフォルマンテと同じ640ps、600NmのV10エンジンだ。だが、ペルフォルマンテで採用されている先進のエアロダイナミクス、ALAはEVOには搭載されていない。その代わりに四輪操舵とトルクベクタリング、が採用されている。ちなみにウラカンにAWSが組み合わされるのはこれが初めてだ。


 そして注目は新開発のLDVI(ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ)。これはアクセル開度やブレーキ、左右と垂直方向のGやステアリングの切れ角など、車両のあらゆるデータをモニターし、AWDの前後トルク配分やトルクベクタリング、ダンパーや動的挙動のすべてを制御する装置だが、このLDVIのすごいところはフィードフォワード制御を持つ点だ。つまりそれまでのデータを基に先の動きを予測するロジックが加えられており、前述のさまざまな車両のリアルタイムのデータ、ANIMAのモードなどを分析し、この先にどのような動きが求められるかを判断して各部に指令を与えるのだという。

 これのおかげでウラカンEVOは優れたパフォーマンスをあらゆる環境で多くの人が楽しめるスーパースポーツカーに仕上がっているという。実用性も重視されており、そのために大きなリヤウイングを持つALAは装着されていない。その代わりにウラカンEVO には新デザインのフロントバンパーやリヤウイング、ディフューザーなどが与えられている。見た目は大人しいが、ダウンフォースはスタンダードのウラカンの7倍にもなる。


 センターコンソールには大きな縦型モニターが装備された。大型モニターの装着もウラカンとしては初めてだが、これも実用性を大いに高めるだろう。このモニターにはナビだけでなく前後のトルク配分やAWSのリアルタイムの作動状況を表示することもできる。




 試乗の舞台となったバーレーン・インターナショナル・サーキットのピットをスタートし、加速していく。ブレーキングでシフトダウンしつつターンインしていくと、スーッとクルマ素直に向きを変え、そこからアクセルを踏んでいけば、強烈なトラクションでクルマは前へと突き進む。右足と直結しているかのような自然吸気V10のレスポンスの鋭さと湧き上がるパワーは、素晴らしい快感だ。

 ANIMAはSPORTモードで走っていたのだが、これがかなりオーバーステアな設定のようで、ペースを上げていくとタイトなコーナーではテールが流れ出す。しかしその流れ出しの挙動が実に自然で動きがスムーズなものだから焦ることはまったくない。おそらくクルマの中枢ではLDVIがあらゆるデータを計算して各タイヤのトルク配分やダンパー、ステアリングなどに細かく指示を出しているのだろうが、運転している方はまったくそれを知ることなく、ただこのハイパワーと自由自在の走りを楽しめるのだ。

 今回はサーキット走行だけでなく、通常のウラカンとスラロームを比較走行することもできたが、これが両車ではかなり違っていた。

 ウラカンEVOはドライバーを中心にクルマが回転するかのように向きを変え、ステアリングの切り角もウラカンより少ない。まるでクルマが小さく、ホイールベースも短くなったようで、しかも動きが軽い。素のウラカンも十分に軽快でよく曲がるのだが、ウラカンEVOと比べるとその違いは大きい。サーキットでのターンインのスムーズさも、4WSとトルクベクタリングがかなり貢献していたはずだ。

 テクノロジーの進化により、現代のスーパースポーツは超高性能を安全に提供できるようになった。ウラカンEVOは安全に加えて、その性能を引き出す楽しさも与えてくれる。まさに現代スーパースポーツの一つの究極の姿だと言えるだろう。


SPECIFICATIONS
ランボルギーニ・ウラカンEVO
■ボディサイズ:全長4520×全幅1933×全高1165mm ホイールベース:2620mm ■車両重量:1422kg ■エンジン:V型10気筒DOHC ボア×ストローク:84.5×92.8mm 総排気量:5204cc 最高出力:470kW(640ps)/8000rpm 最大トルク:600Nm(61.2kgm)/6500rpm ■トランスミッション:7速DCT ■駆動方式:AWD ■サスペンション形式:FRダブルウイッシュボーン ■ブレーキ:FRベンチレーテッドディスク(カーボンセラミック) ■タイヤサイズ(リム幅):F245/30R20(8.5J) R285/30ZR20(11J) ■パフォーマンス最高速度:325km/h 0→100km/h加速:2.9秒 ■車両本体価格:3223万736円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan GENROQ編集部 永田 元輔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します