現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス-AMG GT Rロードスター GTシリーズ最強のオープン仕様 ジュネーブショー

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.4

メルセデス-AMG GT Rロードスター GTシリーズ最強のオープン仕様 ジュネーブショー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0-100km/h加速 クーペと同タイム

メルセデス-AMGは、新型コンバーチブル・モデル「メルセデス-AMG GT Rロードスター」の概要を発表した。AMG GTシリーズのオープン仕様におけるトップ・モデルとして、台数限定で登場する。GT Rロードスターの登場により、ポルシェ911の対抗馬であるAMG GTシリーズは、ハードトップ、ソフトトップ、レーシング仕様を合わせて16車種を展開することになる。

    『メルセデス-AMG GT Rロードスター』すべての画像をみる

今回発表されたオープン仕様の4.0ℓ V8エンジンは、クーペ仕様と共用。トランスミッションは7速デュラルクラッチだ。

・最高出力:585ps
・最大トルク:71.3kg-m
・0-100km/h加速:3.6秒
・最高速度:317km/h

驚くことに、0-100km/h加速は固定式ルーフのGT Rクーペと同タイム。最高速度は、1mile(1.6km/h)劣るだけである。

ドライビング・モードごとに設定を変更できるダンパー、大型リアウイング、リアホイール・アクティブ・ステアリングが与えられ、ダイナミクス性能はクーペに匹敵する。空力についても同様に、フロント・リップスポイラー、アクティブ・エアロ・フロントグリル、リア大型ダブルディフューザーを受け継いだ。

ベースとなるGT Cロードスターよりも拡大されたトレッドにより、軽量な大径ホイールを採用。サイズは、前が19インチ、後ろが20インチで、ミシュラン・パイロット・スポーツカップ2を履く。これにより車両安定性能が向上した。

車両重量、価格についても情報が入っている。

英国価格、納車開始は?

3層構造のファブリック・ルーフは、同ロードスター・シリーズから継続して採用。剛性を確保するためにシルの素材を厚くし、ダッシュボードサポートを追加したうえ、固定式ロールオーバーバーを支えるリアバルヘッド部にアルミ製クロスメンバーを組み込んだ。

これにより、車両重量はクーペ仕様に比べて80kgウェイトアップした1710kgとなった。

装備面では、軽量化オプションとして、トリムに応じて設定される2ステージ・カーボンファイバー・パック、さらにコンポジット・ブレーキが用意される。

GT Rロードスターは4月に欧州発売される見込みで、夏の終わりには納車が始まる予定だ。英国価格は15万8000ポンド(2342万円)。750台それぞれに、プロダクションナンバーが記されたビスポーク・バッヂが搭載される。

メルセデス-AMG GT Rロードスターの実車は、ジュネーブ・モーターショーで初公開される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します