現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 試乗 ポルシェ718ケイマンT 高コスパ評価 排気音「イマイチ」

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.4

試乗 ポルシェ718ケイマンT 高コスパ評価 排気音「イマイチ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー コスパの高いケイマン
ー シャシーのみをチューン

    『ポルシェ718ケイマンT』すべての画像をみる

どんな感じ?
ー 楽しめる足回り
ー 良好なトラクション サウンドはイマイチ

「買い」か?
ー ゴルフやフォーカスに勝てるか

スペック
ー ポルシェ718ケイマンTのスペック

どんなクルマ?

コスパの高いケイマン

718ケイマンをベースに、よりシャープで運転の楽しさを追求したのがこのケイマンTだ。

2.0ℓフラット4ターボをミドに搭載するケイマンの標準装備に加え、ポルシェ・トルク・ベクタリング、アクティブ・サスペンション・マネジメント、アクティブ・ドライブトレイン・マウント、スポーツ・クロノなどが追加されている。さらにホイールは18インチから20インチへとサイズアップされる。

もちろんスタンダードなケイマンにこれらの装備をオプションで選択することも可能だ。ただし、その場合ケイマンT注文するよりも高価になるだろう。これを考えるとケイマンTはコストパフォーマンスが高いといえる。

サイドのデカール追加や車内のドアノブがファブリック製のヒモに変更されているといった細かな違いを除けば、通常のケイマンで選択できないものは20mm低められた車高くらいだろう。アクティブ・サスペンション・マネジメント付きのスポーツシャシーを選択したとしても車高は10mmダウンにとどまる。

シャシーのみをチューン

大きな改良というよりは細かな変更にすぎないが、確かに低められた車高と大径ホイールは通常のケイマンとは違った印象を与える。

アルカンターラのトリムが施されたGTスポーツステアリングは手触りがよく、コクピットにGT3にも近い雰囲気を与えている。さらにロードレーサーらしくしたければ、インフォテインメントシステムを取り外すことも可能だが、それを選択するひとはごくわずかだ。

エンジンに変更はなく、6500rpmで300psを発揮する。最大トルクは38.7kg-m/2150rpmだ。7速PDKを選択することも可能だが、6速MTの方がより適しているように感じられた。ポルシェによれば、0-100km/h加速は5.1秒、最高速度は275km/hに達する。

718ボクスターTやケイマンTは、昨年発売された911カレラTと同様の手法がとられている。パワーはそのままに、シャシーのチューニングを熟成させているのだ。この結果911カレラTは通常の911カレラよりもさらにシャープなキャラクターを手に入れている。

どんな感じ?

楽しめる足回り

ケイマンの良さはすべてケイマンTにも引き継がれている。キャビンの質感は素晴らしく、狭すぎて助手席の乗員がパーソナルスペースに入る込んでくるということもない。後部のだけでなくフロントにも荷室が備えられていることによりミドエンジンの2シーターにしては実用性にも優れる。ドライビングポジションも適切だ。

車高が20mmダウンしているにも関わらず、街乗りや長距離走行においてもその乗り心地は問題ない。アダプティブ・ダンパーのおかげもあり普段使いにも耐えるクルマとして仕上がっているのだ。週末のみの使用を想定しているわけではないが、スポーツやスポーツ+モードで走れば非常に楽しめる。

繰り返すが、山道におけるケイマンの楽しさはすべて引き継がれている。ステアリングは非常によくしつけられ、フロントアクスルに直結されたかのような操作感だ。神経質な動きを見せることはないが、残されたグリップや自分の位置を正確に把握することができる。

ターンインは鋭く、ノーズがコーナー内側を向けばそのシャシーは非常によくバランスがとれている。険しく凹凸も激しい路面になってもその素晴らしさは変わらない。ブレーキも最高だ。

良好なトラクション サウンドはイマイチ

だが、ケイマンTにあってケイマンにないものはなんだろうか。やや低い車高ゆえケイマンTのほうがコーナーで若干フラットであり、レスンポンスも優れている。ケイマンTのシャシーは非の打ちどころがない。ワインディングロードを自信を持って攻め込むことができるだろう。

タイトコーナーや滑りやすい路面での挙動にはトルクベクタリングLSDも一役買っている。ただしこのトラクションや扱いやすさはウェットでは有用だが、ミドシップゆえドライではこれに頼る必要もないかもしれない。

ショートストロークなシフトも素晴らしい。これは現時点で最高のMTのひとつだろう。ギアレシオ自体は非常にロングだが、ターボエンジンのトルクゆえ中回転域での加速に困ることもない。ただし、最高のレスポンスを得ようと思ったら2800rpm以上を維持する必要がある。

いったん高回転域に入ってしまえば、ほとんどターボラグは感じられない。多くのターボエンジンは6000rpm程度までしか回らないのに対し、このエンジンは7000rpmまでその勢いが衰えないのだ。

残念な点をひとつあげるとしたら、そのサウンドが若干ラフかつばらつきが感じられる点だろう。もちろんその楽しさを台無しにしてしまうほどとはいわないが、背後から聞こえるサウンドはやや興ざめといえるだろう。スポーツエグゾーストにいれても改善されないばかりか、ひどくなるようにも感じられる。

「買い」か?

ケイマンの中では最高

ケイマンTはこのサウンドさえ受け入れられるのなら、ぜひ買うべきだろう。スタンダードなケイマンより明らかに運動性能が高く、アルカンターラのステアリングや醸し出されるポルシェ・モータースポーツの雰囲気も魅力だ。

5万1145ポンド(755万円)からという価格は最高出力が50ps上回るケイマンSよりわずか708ポンド(11万円)安いだけだ。そしてケイマンSはほぼ同じエンジンにも関わらずサウンドが若干優れている。ただし、ケイマンSにTと同等の装備品を追加したらさらに高額になるだろう。

公道で走りを楽しもうと思うなら、ケイマンTは現行ケイマンの中で最良の選択肢だ。

ポルシェ718ケイマンTのスペック

■価格 5万1145ポンド(755万円)
■全長×全幅×全高 ー
■最高速度 275km/h
■0-100km/h加速 5.1秒
■燃費 12.4km/ℓ
■CO2排出量 186g/km
■乾燥重量 1350kg
■パワートレイン 水平対向4気筒1998ccターボ
■使用燃料 ガソリン
■最高出力 300ps/6500rpm
■最大トルク 38.7kg-m/1600-2600rpm
■ギアボックス 6速マニュアル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • vai*****|2019/03/04 11:17

    違反報告

    ケイマンを検討したけど、「ポルシェマジック」でオプションが法外に高い(本国価格の数倍)。素の状態なら諸費用込で800万円程度で買えるが、必要なオプションを付けて行くと1000万円コースでこのクラスの車で考えても高すぎる。

    欲しい人は買えばいいがポルシェが必要な道は国内にはほとんどないし、結局は「ステータス」にそれだけのお金を払えるかどうかだな。ポルシェの価格設定や販売手法を見ると日本車メーカーは余程「良心的」だ。
  • sav*****|2019/03/04 11:50

    違反報告

    スポーツカーって結局、音、振動、匂い、加速感、スタイル。データじゃないなあ。
  • nir*****|2019/03/04 13:59

    違反報告

    981乗ってるけど ディーラーから数日借りて718を乗ると質感とかPDKの繋がりとかすごく優秀さを感じる反面エンジンが面白くなくて買い替えには至らないんだよねぇ サーキットとかならいいんだろうけど町中普通にゆっくり走って軽くエンジンの高揚感とか音とかを楽しむには981がいいんですわ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します