現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > これがフェラーリの新型V8ミッドシップ、F8 Tributeだ!

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.1

これがフェラーリの新型V8ミッドシップ、F8 Tributeだ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェラーリの中でも最もスポーツ度の高いV8ミッドシップモデルが生まれ変わる。720ps、770Nmというハイスペックとさらにダイナミックになったデザインを持つモデルの名前はF8 Tribute。このクルマには過去のV8ミッドシップへのオマージュも込められているという。

フェラーリの新型V8ミッドシップモデルが登場するらしい、という噂は少し前から流れていたが、ついにその内容が明らかになった。その名前は「F8 Tribute」。488GTBの後継となる新世代のV8ミッドシップ・フェラーリだ。

    ランボルギーニ最強V10モデル、ウラカンEVOにスパイダーが仲間入り

 そのスタイルはよりシャープでエッジの効いたものとなり、その高性能を強く主張する。フロントのグリル下から取り入れたエアをボンネットから排出するS-Ductは488ピスタで採用されたF1由来のデザインだが、F8 Tributeはさらに設計を見直しを行い、その結果全体のダウンフォースに占めるS-Ductの貢献度は15%まで向上した。またブレーキ冷却用のエアインテークもバンパー外側のエアインテークと一体化して、ホイールアーチ全体の気流を改善している。


 リヤ周りでは、ふたつの丸型テールライトを含むパネルがすべてボディカラーと同じ仕上げとなり、そのデザインもややクラシックな雰囲気となっている。これは308など初期のV8ミッドシップモデルへのオマージュだという。ルーバーが開けられたレキサン製リヤウインドウは、伝説のV8ミッドシップ、F40のデザイン要素をアレンジしたものだ。

 ボディサイズは全長4611mm、全幅1979mm、全高1206mm。これは488GTBより43mm長く、27mm広く、7mm低い数字。1330kgという乾燥重量は、同じく488GTBよりも40kg軽くなっている。


 エンジンは従来と同様の3902vvのV8ツインターボだが各、その出力は720ps、770Nmという凄まじいパワーとトルクを発揮する。これは48GTBよりも50ps、10Nm増えており、488Pistaと同じ数字だが、最大トルクの発生回転数は488Pistaの3000rpmよりやや高い3250rpmとなっている。

 最新のバージョン6.1のサイドスリップ・アングル・コントロール・システムやフェラーリ・ダイナミック・エンハンサー(FDE +)、E-DIFFも装備され、高性能をより効率よく引き出せるようになっているのだ。

 インパネは今までのテイストを踏襲しつつ、新たに生まれ変わった。より小径になった新デザインのステアリングや丸型のエアコン吹き出し口などが大きな変更点だ。HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)は最新世代のものとなり、助手席前には7インチのパッセンジャー・タッチスクリーンディスプレイも装備されている。

 フェラーリ史上最強のV8オマージュ・モデルとフェラーリ自らが謳うように、ヘリテージに敬意を評しながら最新スペックとなったV8フェラーリ。果たしてどのような走りを見せてくれるのだろうか。その姿がお披露目されるのは、3月5日開幕のジュネーブ・モーターショーだ・

フェラーリF8 Tributo
SPECIFICATIONS
■ボディサイズ:全長4611×全幅1979×全高1206mm ■乾燥重量:1330kg ■エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ 総排気量:3902cc 最高出720ps/8000rpm 最大トルク:770Nm(78.5kgm)/3250rpm ■トランスミッション:7速DCT ■駆動方式:RWD ■ブレーキ:F&Rベンチレーテッドディスク ■パフォーマンス最高速度:340km/h 0→100km/h加速:2.9秒 0→200km/h加速:7.8秒

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan GENROQ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します