現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ロードスター30周年記念車、日本初公開へ オートモビル カウンシル2019で マツダ

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.28

ロードスター30周年記念車、日本初公開へ オートモビル カウンシル2019で マツダ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラブレーサー・コンセプトも、日本初公開

マツダは、千葉県の幕張メッセで4月5日~7日に開催されるオートモビル カウンシル2019に、「ロードスター30周年記念車」を含む6台を展示すると発表した。

    『ロードスター30周年記念車、日本初公開へ』すべての画像をみる

マツダの出展テーマは、「ロードスター ~30年の物語、そして今~」。1989年の初代モデル誕生以来、「人馬一体」の乗り味で支持されてきたモデルも、今年で30周年。マツダブースでは、ロードスターの歴史を振り返るとともに、ファンへの感謝を込めたコンテンツを用意する。

ロードスターの誕生30周年を記念した展示車両として、2月8日に米国シカゴオートショーで世界初公開した「ロードスター30周年記念車」(ソフトトップ車)と、30年前のシカゴオートショーへ参考出品した「クラブレーサー」(初代ロードスターをベースとしたコンセプトカー)の2台を日本で初公開。

また、1985年に製作されたロードスターのプロトタイプのほか、「ロードスター」(初代モデル)、「ロードスター10周年記念車」(2代目モデル)、「ロードスター20周年記念車」(3代目モデル)の歴代車も展示する。

ブース内では、展示車の開発ストーリーなどを紹介するほか、初代モデルの企画を手掛けた福田成徳と、初代から3代目までロードスターの開発主査を務めた貴島孝雄というOBをゲストに迎えたトークショーを実施する。

マツダブース 予定出展内容/トークショー開催時間

ロードスター・プロトタイプモデル:
1985年に製作し、米国カリフォルニア州にて試走評価を実施した車両。

ロードスター(初代モデル):
1989年式。当時新車で購入し、長年所有されていたオーナーから、2018年にマツダへ寄贈された車両。

ロードスター10周年記念車(2代目モデル):
1999年式。1.8ℓエンジン搭載車をベースに、専用の内外装と装備を採用。

ロードスター20周年記念車(3代目モデル):
2009年式。ソフトトップモデルおよびパワーリトラクタブルハードトップモデルをベースに、専用の内外装と装備を採用(ソフトトップ車のみ展示)。

ロードスター30周年記念車(ソフトトップ車):
ソフトトップモデルとリトラクタブルハードトップモデル合わせて世界3000台限定で販売予定。専用装備のほか、レーシングオレンジのカラーを採用。

初代ロードスター「クラブレーサー」:
1989年のシカゴオートショーで参考出品した初代ロードスターベースのコンセプトカー。ブライトイエローのカラーを採用。日本初公開

ロードスター開発者/デザイナーとマツダOBによるトークショー予定スケジュール

2019年4月5日(金):13:00-13:40、15:00-15:40
2019年4月6日(土):11:00-11:40、15:00-15:40
2019年4月7日(日):11:00-11:40、15:00-15:40

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します