現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日本の軽はいろいろ世界一ィィィ 楽しくて脳汁出る「スポーツ軽自動車」6選

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.27

日本の軽はいろいろ世界一ィィィ 楽しくて脳汁出る「スポーツ軽自動車」6選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本独自の軽自動車規格には、普通車とは異なる大きな魅力があります。車両価格、維持費、サイズ感、実用性、使い勝手などなど。家族のため、みんなのために、実用性やコストメリットを求めつつも「どうせなら、楽しく乗りたい」とも思います。

 今回はそんな人に向けて、本格スポーツカーから実用性もバッチリなのに“ちょっとスポーツ”なクルマまで、2019年2月時点で新車で買える「軽自動車スポーツモデル」を6つ紹介します。

    やっぱりMT! 走りを楽しむ「200万円そこそこで狙えるMT小型スポーティーカー」6選

●【1】何よりも「運転の楽しさ」を! それならばこれ ホンダ「S660」

 2019年2月現在、新車で買えるホットな軽スポーツカーといえば? 多くのクルマ好きは恐らくこれを思い浮かべるでしょう。ホンダ「S660」です。

 S660は1990年代の名車「ビート」を復活させようと同社の若手社員が中心となって企画し、誕生したとされる2シーターのオープンスポーツカーです。2015年に登場しました。同社のフラッグシップスーパーカー「NSX」と同じ、運動性に優れるMR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)のエンジンレイアウトを採用します。

 エンジンは660ccのターボ(約64馬力)。座席は完全な2シーターです。室内はタイトで荷物スペースはほとんどありません。そんな実用性をごっそりと削ぎ落とし、運動性能と運転する楽しさを磨き上げたストイックな仕様が何よりの魅力です。

 価格はベーシックモデルのβで198万720円(税込、以下同)から。日常の足として使うには困難な面がいろいろあります。しかし、趣味のクルマ、休日に楽しむセカンドカーなどにはピッタリの1台です。

 ともあれ、ターボエンジンに車重850キロの2シーターMR、オープンボディーで6速MTも選べる……。こんな仕様のクルマを新車で普通に買えるなんて、ニッポンのクルマ好きはかなり幸せです。

●【2】「修行」は嫌、快適な軽オープンを実現する傑作車 ダイハツ「コペン」

 ダイハツにも軽オープンカー「コペン」があります。

 コペンは現行の軽オープンカーつながりで、先述したS660と比較されることがあります。しかし性格は見かけ以上に違います。オープンボディーならではの開放感や楽しさはどちらも味わえますが、電動開閉式ルーフの装備があり、FFなのでリアにトランクもちゃんと搭載。快適性や実用性ではコペンが一枚上手です。

 デザインバリエーションが豊富なのもポイントです。カラーだけでなく、カタチも選べるのが新しいところ。コペンは骨格と樹脂外板で構成する「D-Frame(ディーフレーム)」と、内外装を容易に着脱できる「DRESS-FORMATION(ドレスフォーメーション)」と呼ぶ新設計の構造を採用し、テーマやニーズの違いに応じて外装デザインをガラリとチェンジできるようになっています。

 ラインアップはスポーティーな「Robe」、アクティブで若々しい「XPLAY」、丸目でクラシックスタイルの「Cero」。さらにはハードトップのクローズドボディーにした特別仕様「クーペ」や、ダイハツ×トヨタのチューニングコンプリート車「GRスポーツコンセプト」などもあります。

 S660はストイックすぎてちょっと……。苦労せずスマートに軽スポーツカーの世界を楽しみたい、という人にはコペンが勧められそうです。

●【3】旧規格時代の伝説爆速軽が復活! スズキ「アルト ワークス」

 黄色いナンバーと甘く見るとヤケドしますわよ──。今の軽自動車よりももっと小さかった、旧規格の軽の時代に軽最速と呼ばれて一世を風靡したじゃじゃ馬ホットハッチ、それがスズキ「アルト ワークス」。2015年、このアルト ワークスが現行アルトをベースに15年ぶりの復活を果たしました。

 昔より厳しくなった安全基準を満たしながら、車重はまさかの旧モデルよりも軽い670キロ。中低速域のトルクを強化した64馬力のR06A型ターボエンジンを搭載し、5速MTも選択できるスポーツモデルです。

 価格は150万9840円から。通常モデルのアルトは84万7800円からなのでちょっとびっくりする価格かもしれませんが、毎日走りでびっくりできるならば安いもんではありませんか?

 続いて、ホンダ「N-ONE」やダイハツ「キャスト」の売れ筋車の隠れスポーツモデル、そして400万円のすごい軽カーを紹介します。

●【4】実用の売れ筋軽に、スポーツ性と遊び心をプラス ホンダ「N-ONE RS」

 ホンダ「N-ONE」に、ホットなスポーツグレード「RS」があるのをご存じでしょうか。

 人気のN-BOXをはじめとしたNシリーズは2019年2月現在、日本でもっとも売れている軽四輪車(全国軽自動車協会連合会「2019年1月軽四輪新車販売台数」から)。恐らく街中で目にしない日はない車種ですが、N-ONEに「走りの楽しさ」をプラスしたのがN-ONE RSです。

 S660まで突き抜けた生粋のスポーツ性能までは求めずとも、実用性はそのままに「やはり/たまには走りも」の特長をうれしいと感じる人は多いようです。

 ちなみにメーカー公式のN-ONEワンメイクレース「N-ONE Owner's Cup」も各地で開催されています。ナンバー付きのマイカーにロールケージや4点式シートベルトなど最低限のレース用装備を追加すれば参加できる本格レース。これは趣味がもう1つできそうで、とても楽しそうです。

●【5】“4人乗りのコペン”とひそかに評判 ダイハツ「キャスト スポーツ」

 ダイハツの軽トールワゴン「キャスト」に、「キャスト スポーツ」というスポーツグレードがあります。実はこのグレードは4人乗りのコペンといわれるほどの魅力を持っています。

 ダイハツの軽スポーツといえばコペンに目が行きがちです。実はこのキャスト スポーツも、スポーティな内装にパドルシフト、そしてコペンと同じエンジンと足回りを持つ隠れた実力派なのです。しかもちゃんと(?)ゆとりのある室内区間で4人乗り。

 普段は実用的なトールワゴンで家族みんなが納得。でも「たまに元気な走り」ができます。

●【6】こりゃ反則!? 最強の軽スポーツ「ケータハム・セブン160」

 最後に紹介するのは、ケータハム「セブン160」です。

 価格は何と約400万円!(399万6000円から)。しかし、軽自動車規格のクルマの中ではトップクラスの走行性能を持つとされています。2019年2月現在、残念ながら生産は終了しており、新車で手に入れられるのは販売店などの在庫限りとなるようです。

 何より、外観がそのまんま「セブン」。ケータハムがロータスから引き継いで生産する伝統のライトウェイトスポーツカー「ケータハム・セブン」を元に、エンジンを660ccとし、タイヤやフェンダーを変更して軽自動車規格のサイズに収めています。オンリーワンの魅力がプンプンと香るクルマです。

 エンジンはスズキの660cc「K6A」3気筒ターボ。海外車のため64馬力の国内自主規制を超えた80馬力の仕様です。そして490キロの軽量ボディーとの組み合わせは反則級。これならば毎日、乗るたびにいい夢見られそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ねとらぼ交通課 )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します