現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > プジョー208のデザイン、どうしてそうなった? 担当デザイナーとQ&A

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.27

プジョー208のデザイン、どうしてそうなった? 担当デザイナーとQ&A

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 目指したのは、ありきたりではない躍動感
ー ほかにもデザインの選択肢があった?

    プジョー208 すべての画像をみる

目指したのは、ありきたりではない躍動感

――単刀直入な質問から。208、どう思いますか?

「基本方針は『小さくてセクシーなホットハッチをつくる』ということでした」

「ポイントは、ただそれを追い求めるのではなく、現代の解釈によって、方針を成り立たせることでしたね」

「206、207、208と見ると、いい意味でそっけないデザインであることが、おわかりになるでしょう。これは1990~2000年代のトレンドです」

「これらをよりセクシーにしたのです。たとえば4輪の位置をご覧ください。止まっていても、今にも走り出しそうな躍動感あるデザインだと思いませんか?」

――フロントガラスの位置も、後ろに下がっていますね。

「おっしゃるとおりです。シルエットをよりスポーティなものにするための手法です」

「くわえて、ショルダー部分をきちんと張らせています。4輪もできる限り、前後に、そして外側に。フェンダー・アーチモールも同じ目的です」

「ただし、やりすぎないことが大事。そこは意識しましたね」

ほかにもデザインの選択肢があった?

――それ以外の選択肢もあったのですか?

「ずいぶん彫刻的なデザインになった可能性もあります。ギュッとボディを彫り込んで、陰影を表現する手法です」

「結果的にボディを削り込むのではなく、なめらかな抑揚で、肉体的な美を追い求めました」

――むずかしかったのではないですか?

「このデザインを、現代の基準で達成することは、正直、難を極めました」

「安全面で現代のレギュレーションをクリアするためには、おのずとボディが大きくなるのです」

「ミニをご覧ください。初代、2代目、そして3代目。使うマテリアルは増え、オーバーハングはどんどん大きくなっていますよね」

「わたしたちは、物理的に大きくなることは、ある程度仕方ないと思っているんです。しかし、『そう見えないようにする』ということに力を注ぎました」

「理想的なプロポーションとはなにかを追求し、あくまで小さくて、ギュッと詰まったルックスを目指したのです」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します