現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マクラーレン 600LTスパイダー、MSO がカスタマイズ…ジュネーブモーターショー2019で発表へ

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.26

マクラーレン 600LTスパイダー、MSO がカスタマイズ…ジュネーブモーターショー2019で発表へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクラーレンオートモーティブは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、マクラーレン『600LTスパイダーMSO』(McLaren 600LT Spider MSO)を初公開すると発表した。

マクラーレン『600LTスパイダー』は、マクラーレン『570Sスパイダー』をベースに、さらなる高性能を求めて、パワフルなエンジンを軽量ボディに組み合わせたモデルだ。車名の「LT」とは「ロングテール」を意味し、伝説的なレーシングカー、マクラーレン『F1 GTRロングテール』に由来する。

    屋根は開けても性能落とさず。マクラーレン 720Sスパイダー日本初披露

マクラーレン600LTスパイダーでは、3.8リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンにチューニングを施した。冷却システムに改良を施し、エキゾーストシステムの背圧を低減するなどして、最大出力600ps、最大トルク63.2kgmを獲得する。トランスミッションは7速「SSG」で、0~100km/h加速2.9秒、最高速324km/hの性能を備える。

ジュネーブモーターショー2019で初公開されるマクラーレン600LTスパイダーMSO は、600LTスパイダーをベースに、マクラーレンのビスポーク部門、「MSO」(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)が特別なカスタマイズを行った。

ボディをダブグレーで塗装。ネイピアグリーンのアクセントを添えた。フロントリップスポイラー、サイドシル、リアのディフューザーなどのエアロパーツは専用仕上げとなる。サテン仕上げのビジュアルカーボンファイバーを各部に採用。10本スポークの超軽量鍛造アルミホイールはグロスブラック仕上げ。リトラクタブルハードトップはMSOのオーダーメイドのカーボンブラックとした。

インテリアには、カーボンファイバートリムとアルカンターラを使用する。マクラーレン『セナ』用に開発された超軽量カーボンファイバーレーシングシートも、オプションで装備できる。コネクティビティも追求。サーキットでの走りを楽しめるように、「マクラーレン・トラック・テレメトリー」(MTT)と3台のカメラシステムを搭載している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します