現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW M2 に最速の「CS/CSL」設定へ…雪上で実車をスクープ

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.25

BMW M2 に最速の「CS/CSL」設定へ…雪上で実車をスクープ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWの高性能コンパクト・クーペ『M2クーペ』に、最強モデル『M2 CS/CSL』が登場する。その市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

昨年にも開発車両をキャッチしているが、ダミーパーツをつけたテストミュールだったため、市販型のスクープはこれが初めてだ。最新モデル『M2コンペティション』から強化される点は、「高性能カーボンセレミックブレーキ」、「カーボンファイバールーフ」、「膨らみを持った立体ボンネットフード」、「フロントリップスポイラー」、「デッキリッドスポイラー」、「リアディフューザー」、そして「19インチ鍛造Yスポークスタイル763Mスポイラー」だ。

    脱ランフラットを望みたいが新型BMW 3シリーズはもう先代には戻れないほど大幅な進化を遂げた

昨年のテストミュールと比較すると、リップスポイラーやホイールが変更され、デッキリッドスポイラーの位置が生産バージョンとなっている。

「CSL」は、「Coupe Sport Lightweight」の略で、BMW2ドア・スポーツの頂点として存在する伝説的モデルだ。初代は1968年に登場したE9世代の『3.0 CSL』で、その後2003年にE46型『M3 CSL』を限定1383台で発売。さらに2015年には、『3.0 CSL オマージュ/オマージュRコンセプト』へと継承されている。但し、この新モデルには、「M2 CS」の名称が与えられる可能性もあり、断言はできない。

パワートレインは、7速DCTと組み合わされる3リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載する。昨年登場したM2コンペティションは、最高出力410ps、最大トルク550Nmを発揮。0-100km/h加速は4.2秒で駆け抜けるが、軽量化などにより、それ以上のパフォーマンスが期待できそうだ。

ワールドプレミアは、9月のフランクフルトモーターショーが有力だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • dgc*****|2019/02/25 22:01

    違反報告

    めちゃカッコいいですやん、常々思うけどBMのこのてのやつ出る度に日産にGTRではないこんな感じのスポーティなモデル出さんかなと思う、今の日産には期待出来ないけど。
  • jfb*****|2019/02/25 23:34

    違反報告

    振り回すにはいいかも。そう思うとE46M3ってサイズ的にもバランスが良かったってつくづく思う。決して速くないけど大事にしよう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します