現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ジープ ラングラー にも2リットルターボ搭載、新型「アンリミテッドスポーツ」[詳細画像]

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.24

ジープ ラングラー にも2リットルターボ搭載、新型「アンリミテッドスポーツ」[詳細画像]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11年ぶりにフルモデルチェンジしたジープ『ラングラー』。日本にはアンリミテッドスポーツ、アンリミテッドサハラ、スポーツの3グレード構成となり、アンリミテッドスポーツには新開発の2リットルターボエンジンが搭載されている。

そのエンジンは、2リットル直列4気筒直噴ターボチャージャーエンジンで、START/STOPシステムを備えている。このターボユニットは、ツインスクロール式ターボチャージャーの採用により、低回転域から高回転域まで優れたアクセルレスポンスを発揮。また、タービンはシリンダーヘッドに直接取り付けられ、排気ガスの低減と共に耐久性の向上が図られた。

    フルタイム4WD化で身近になったジープ・ラングラーの、それでも硬派な悪路走破性能

最高出力は272ps、最大トルクは400Nmを発揮し、トルクに関してはアンリミテッドサハラに搭載されるV型6気筒エンジンの347Nmよりも大きくなっている。燃料はレギュラーガソリン仕様だ。

新型では、ラングラーが長年継承してきた伝統的なスタイリングや、独自の世界観は変えることなく、走破性能、現代のSUVに求められる快適性や安全性、燃費性能を大幅に向上した。特に、入念なユーザー調査から得られた声を分析し、それらの結果が反映されているという。

デザインは、1955年に誕生した民間用ジープ『CJ-5』のデザインモチーフが多く取り入れられ、ヘッドライトの内側が7スロットグリルにまで食い込んだデザインや、台形のフロントフェンダーは、大きな特徴といえる。また、ヘッドライトおよびフォグライト、テールランプ、デイタイムランニングライトのすべてをLED化し、ラングラー史上初のLEDライト搭載モデルとなっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 内田俊一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します