現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 4輪駆動のオープンカー「BMW8シリーズ カブリオレ」日本導入 1838万円

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.26

4輪駆動のオープンカー「BMW8シリーズ カブリオレ」日本導入 1838万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1グレード設定の大人なスポーツカブリオレ

 BMWから、最上級ラグジュアリークーペである8シリーズのオープンモデル、「8シリーズ カブリオレ」がリリースされた。2018年末に登場した8シリーズクーペの美しさや卓越した運動性能を継承しながら、オープンモデルならではの解放感や優雅さを備えている。日本に導入されたのは右ハンドル仕様の「M850i xDrive カブリオレ」のみ。価格は1838万円(税込み)となっている。

    【R230型メルセデス・ベンツSL】電動格納式ハードトップを初採用したスポーツカブリオレ

 大人がスポーツカーを選ぶときには、パフォーマンスの高さだけでなく、美しく優雅であること、上品で奥ゆかしさを感じさせることも重要だ。もちろん、それでいてとてつもなく速ければ言うことなし。

 昨年末に登場したBMWの8シリーズはこれらの条件を満たすうってつけの選択だが、さらにエレンガスを極めたカブリオレがリリースされて選択肢の幅が広がった。

 カブリオレのスタイルは、クーペと同様に全高を1345mmに設定。低く伸びやかなシルエットをベースに優雅なボディラインであることを特徴としている。シンプルで精密なキャラクターラインをあしらい、高品質な造形技術を実感させるとともに、ラグジュアリースポーツにふさわしい力感と高級感を与えているのもスタイルにおけるトピックと言える。全長4855mm、全幅1900mmという堂々たるサイズも相まって強烈な存在感を放っている。

 ソフトループトップは、丹念にデザインされたボディの造形にふさわしいもので、躍動的な流線形を描くように丸みを帯びたデザインとなった。これにより、ルーフを閉じた状態でも上質でエレガントな佇まいを演出。ルーフは時速50km以下の走行時も約15秒で開けることが可能で、開けた状態でもトランク容量は280リッターを確保するなど、利便性や実用性についても配慮されている。  

 また、インテリアは外装との調和を図りながら洗練された高級感をまとい、ラグジュアリースポーツを意識した造り。明確にグループ分けされたスイッチ類には、優れた操作性をもたらす要素であると同時に、卓越した走行性能を思う存分に堪能してほしいという作り手の狙いが感じられる。

 また、シフトノブには透明度が非常に高いクリスタルで作られたクラフテッドクリスタルフィニッシュを採用。そのなかにある数字の「8」が浮かび上がるギミックもクーペから継承された。  

 さらにカブリオレ専用装備として、12個のスピーカーによって高音質を追求したBowers & Wilkinsダイヤモンドサウンドサラウンドシステムを採用。スペシャルな雰囲気の演出はもちろん、外から見られることを意識したオープンモデルならではの室内空間の創出に対するこだわりと言えるだろう。  

530PSのパワーを余すことなく路面に伝える

 パワーユニットはM Performanceツインパワーターボテクノロジーが採用されたV型8気筒。排気量4395cc、最高出力は530PSに達し、最大トルクは750Nmを発生する。トランスミッションは8速ATで、これに電子制御4WDシステムを組み合わせ、4つのタイヤに最適な駆動力を与え、余すことなくパワーを路面へと伝える。ラグジュアリーなオープンモデルながら、スポーツカーとしてのポテンシャルが高い次元にあることは間違いない。

 “駆けぬける歓び”を標榜するBMW車らしく、ハンドリングについても抜かりなし。アダプティブMサスペンションプロフェッショナルと呼ばれる、従来のダンパーに電子制御アクティブスタビライザーを装備したサスペンションシステムを採用。走行状況に応じて車両の姿勢を適切にコントロールする機能により、高速コーナリングでも挙動の乱れを抑えて安心感のある走りをもたらす。

 また、ボディは内部構造部材にはカーボン素材、ボディパネルにアルミ材等を効果的に使用することで、車重はオープンボディながらも2120kgに抑えられた。これも卓越した走りに大きく貢献している要素と言えるだろう。

最先端の運転支援技術でもたらされるドライビングの余裕

 最先端の運転支援システムが標準装備されているのも注目ポイント。アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)をはじめ、ステアリング&レーンコントロールアシストといった機能は、長距離ドライブでの運転負荷を軽減。さらに、8シリーズクーペで初採用されたリバースアシスト機能も備わる。こうした先進機能によってどんな場面でも大人の余裕が失われることはない。

 美しくエネルギッシュなスタイルを纏い、それに見合うだけのパフォーマンスを存分に味わわせてくれる。優雅さと刺激の融合が生んだ8シリーズカブリオレは、オーナーにこのうえない満足感をもたらしながら、周囲から羨望の眼差しで見られてしまうこと必至と言えるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します