現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > VW初の電動SUV、「ID.CROZZ」市販型には2つのボディが存在する

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.23

VW初の電動SUV、「ID.CROZZ」市販型には2つのボディが存在する

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲンのEVブランド「ID.」が開発中のクロスオーバーSUV、『ID.CROZZ』のテスト車両をスクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

「ID.CROZZ」は、2017年の上海モーターショーでワールドプレミアされた後、同年フランクフルトモーターショーにて進化版『ID.CROZZ 2』が初公開された。先日、『ゴルフ スポーツバン』をベースとした試作車をキャッチしたが、今回はそれとは異なるプロトタイプだ。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

VW『ティグアン』のボディを身にまとったテストミュールは、Bピラーが延長されており、ティグアンよりロングボディになると共に、『ティグアン オールスペース』よりは短いサイズが予想できる。サイドシルに厚みを持たせているのは、「MEB」(モジュラー エレクトリック ドライブ マトリックス)プラットフォームをカモフラージュするためだ。また突出したガスキャップは充電ポートの可能性が高いだろう。

パワーユニットは、最高出力102psを発揮するフロントモーターと、最高出力204psを発揮するリアモーターを搭載し、合計306psを発揮する。83kWhリチウムイオンバッテリーは、1回の充電で最大310マイル(500km)の航続が可能とされている。

VWは2020年より、ID.シリーズの発売を予定しており、「CROZZ」の発売は2021年以降が予想される。「ID.CROSS 2」公開時には、クーペSUVスタイルのみの発売が予想されていたが、より本格的なクロスオーバーSUVスタイルの2種が設定される可能性がある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します