現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダCRF250 RALLYとCRF250Lがモータースポーツを彷彿させるカラーリングで発売

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.22

ホンダCRF250 RALLYとCRF250Lがモータースポーツを彷彿させるカラーリングで発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロンズのフロントフォークとブラックリム

 ホンダの新世代オフロードモデルとして2012年に登場した『CRF250L』。そして、2017年に登場したアドベンチャーモデル『CRF250 RALLY』。両車の2019年モデルは、モータースポーツに参戦するマシンを彷彿させるカラーリングを採用して、CRF250Lが2019年2月15日(金)、CRF250 RALLYは2019年3月26日(火)に登場。

    オートバイにも存在した「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(2輪車・前編)」

 ともに、力強く扱いやすい出力特性の249cc水冷単気筒DOHCエンジンを搭載し、日常を楽しみ、また週末も楽しめるモデルとなっている。ちなみに後発の『CRF250 RALLY』は、「ザ・ダカールレプリカ 週末の冒険者へ」を開発コンセプトに、ダカールラリー参戦マシンのCRF450 RALLYのフォルムから、その開発思想までを受け継いでいる。

 また、前・後サスペンションを変更し、シート高をCRF250 RALLYでは65mm、CRF250Lが45mm低くし、足つき性を向上させた『Type LD』を設定する。

 CRF250Lの2019年モデルは、最新のモトクロスマシン『CRF450R』のイメージを踏襲し、ホイールリムのカラーをブラックに変更。 フロントフォークをブロンズとし、トップブリッジ、ボトムブリッジ、ハンドルホルダーをブラック、ヘッドライトカウルを主体色と同色とする。 カラーバリエーションは、レースイメージのエクストリームレッドと精悍な印象のブラックの2色をラインナップする。

 CRF250 RALLYはフロントフォークのカラーをブロンズに変更し、ダカールラリー参戦マシン「CRF450 RALLY」のイメージを踏襲するカラーリングを採用。

 カラーバリエーションを、アグレッシブな印象のエクストリームレッドと精悍な印象のブラックの全2色とした。

 価格は、CRF250LおよびCRF250L Type LDが49万7880円。CRF250 RALLYとCRF250 RALLY Type LDが70万2000円(ともに消費税込み)となる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します