現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 6速MTとトルセンLSDを搭載! ルノー・メガーヌR.S.カップ発売〈Renault Megane R.S. Cup〉

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.21

6速MTとトルセンLSDを搭載! ルノー・メガーヌR.S.カップ発売〈Renault Megane R.S. Cup〉

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルノー・メガーヌR.S.に、待望の6速MTやトルセンLSDを搭載した好事家向けの本気仕様「R.S.カップ」が仲間入りした。スプリング、ダンパー、アンチロールバーもそれぞれ固められ、ブレーキも強化。価格はスタンダード比で10万円高の450万円で、全国100台の限定販売となる。発売は2月22日(金)だ。

鍛え上げられた「シャシー・カップ」を採用

    早くも日本上陸! BMW 8シリーズカブリオレは4.4ℓV8ツインターボを搭載

 これまでDCTのみの設定だったルノー・メガーヌR.S.に、ついに待望の6速MTが加わった。あわせてトルセンLSD、足まわりを強化した「シャシー・カップ」、そしてバイマテリアルフロントブレーキなど、走りの質をさらに高める数々の装備を追加された本気仕様となっている。

 まずはR.S.カップの主な専用装備をまとめてみよう。

● シャシーカップ
 スタンダードのメガーヌR.S.に対し、スプリングレートをフロント23%、リヤ35%、ダンパーレートを25%高め、加えてフロントアンチロールバーの剛性も7%高めたシャシーのシャシーカップを採用。ロールを抑え、正確なハンドリングをもたらす。さらにHCC(ハンドリック・コンプレッション・コントロール)の長さが10%長くなり、路面追従性が高められているという。

●トルセンLSD
 トルセンLSDとは、サイドギヤを分割し、結合部にワンウェイ構造のヘルカルスプラインを採用したLSDのこと。 左右輪のトルク配分比を高め、トラクション性能や走行時のフィーリングを向上させるといった機能に加え、アクセルオンの時は差動制御が大きく機能することでトルク配分比を大きく高める。一方アクセルオフの時には差動制御の効きを抑え、最適なトルク配分とドライバビリティの向上を実現する。

●バイマテリアルフロントブレーキ
 フロントブレーキに、鋳鉄製のベンチレーテッドディスクにアルミ製ハブを組み合わせたバイマテリアルブレーキを採用。スタンダードのメガーヌR.S.と比べて片側だけで1.8 kg軽量化を達成し、 冷却性能も向上している。

●6速マニュアルトランスミッション
 スタンダードのメガーヌR.S.は6速DCTのみの設定だった。あわせてサイドブレーキが電磁スイッチ式からコンベンショナルな機械レバー式にあらためられ、サイドブレーキターンに代表される、リヤブレーキのみを使って車両の姿勢をコントロールするテクニックが使えるようになる。

 なお、車両重量はスタンダードのメガーヌR.S.よりも20kg軽い1460kgとなっている。

 ボディカラーはブラン ナクレ(白)、グリ チタニアム(灰)、 ノワール エトワール(黒)の3色がラインナップされ、いずれもメタリックだ。ブラン ナクレのみ2万1600円高となる。

 これだけ走りに特化したスペックを与えられながら、車両価格はスタンダード比でわずか10万円高の450万円に抑えられている。発売は2月22日(金)。全国100台の限定販売だがら、あっという間に完売となる可能性も考えられる。興味のある人にとって、躊躇している時間はあまりなさそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します