現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス-AMG GT Rプロ サーキットのための「AMG GT」 日本は20台導入

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.21

メルセデス-AMG GT Rプロ サーキットのための「AMG GT」 日本は20台導入

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシングテクノロジーを投入

待望の日本導入を果たした「メルセデス-AMG GT Rプロ」。メルセデス-AMG GT Rをベースに、サーキットを走るために、AMG GT3/GT4で培ったレーシングカーの技術が惜しみなく投入されたモデルである。

    『メルセデス-AMG GT Rプロ』すべての画像をみる

高い走行性能を得るために軽量化を始め、エアロダイナミクスを向上させるとともに、様々なサーキットに対応できる調整式のサスペンションを備えるのが特徴だ。

サスペンションは設定をサーキットに応じてセットアップすることが可能で、レーシングマシンと同様にスプリング長の機械的調整に加え、縮み側と伸び側のダンパー減衰力も変更できる。

フロントサスペンションは、軽量なカーボンファイバー製の調整式トーションバーを備えるほか、すでにAMG GT Rでリア・アクスルのロア・ウィッシュボーンにピロボール・ジョイントを採用するが、AMG GT Rプロではアッパー側にも使用され、遊びがないことからドライバーの意思に忠実でリニアな走りが可能となった。

今回の受注開始にあわせ、日本価格も発表されている。

20台のみ導入 日本価格は?

軽量化のために、カーボンファイバー製の専用形状ルーフ、フロントスプリッター、フェンダーフィン、サイドシルトリム、リアディフューザーのほか、AMG カーボンセラミック・ブレーキ、カーボンファイバー製バケットシートを採用。鍛造AMGパフォーマンス5ツインスポーク・アルミホイール組み軽量化を実現している。

また特別なモデルであることを強調するために、ボンネットやルーフ、テールゲート、ボディサイドにレーシングストライプが配される。そのカラーは、ボディカラーがセレナイトグレーの場合のみライトグリーン、他のボディカラーではダークグレーマットとなる。

2018年11月にAMGブランド・アンバサダーでAMG GT3レーシング・ドライバーのマロ・エンゲルが、ニュルブルクリンクのノルトシュライフェでAMG GT Rプロを駆ってアタック。AMG GT Rの記録を大きく破る7分4秒632のタイムを記録している。

日本には20台のみが導入され、LHD仕様のみを用意。メーカー希望小売価格は2900万円(税込)で、2月14日より予約受注を開始した。

究極の走りを楽しみたいと考えているAMGファンには見逃せないモデルとなろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します