現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスベンツ SLC にファイナルエディション、現行型8年の歴史に幕

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.21

メルセデスベンツ SLC にファイナルエディション、現行型8年の歴史に幕

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスベンツは2月20日、現行メルセデスベンツ『SLC』(Mercedes-Benz.SLC)の最終モデル、「ファイナルエディション」を欧州で発表した。

SLCはメルセデスベンツの小型オープンスポーツカー、『SLK』の大幅改良モデルだ。現行SLKは3世代目モデルで、2011年に発表された。2016年の大幅改良を機に、SLCにネーミングを一新した。車名のSLCとは、『Cクラス』の車格の『SL』(メルセデスベンツの最上級ロードスター)、を意味している。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

◆鮮やかなサンイエローのボディカラーは初代SLKへのオマージュ

この現行メルセデスベンツSLCの最終モデル、「ファイナルエディション」が欧州で発表された。ファイナルエディションのボディカラーには、鮮やかな「サンイエロー」が設定される。このサンイエローは、1996年に発表された初代SLKに用意された「イエローストーン」のボディカラーへのオマージュだ。

このサンイエローをはじめ、ポーラーホワイト、ダイヤモンドホワイトのボディカラーでは、トリムストリップの下側がブラック仕上げとなる。ドアハンドル、ドアミラー、リアブレースにも、光沢ブラック仕上げが施される。ブラック、オブシディアンブラック、セレナイトグレーのボディカラーを選択した場合には、AMGスタイリングのフロントバンパーの下側に、シルバークローム仕上げのトリムストリップが装着される。また、全てのボディカラーで、フロントフェンダーには「SLC Final Edition」のエンブレムが添えられる。足元には、光沢ブラック仕上げの18インチ5スポークAMGアルミホイールが装着された。

◆スポーティな「AMGライン」仕様。大容量ブレーキ標準装備

ファイナルエディションは、「AMGライン」仕様となっており、AMGスタイリングのバンパー、10mm車高の低いスポーツサスペンション、穴あきブレーキディスクとメルセデスベンツのロゴ入りフロントキャリパーを備えた大容量ブレーキシステムが標準装備されている。

インテリアは、アルパカグレーのトップステッチを施したブラック+シルバーパールのツートン仕上げのナッパレザーを採用。スポーツシート、ドアトリム、ドアセンターパネルなども、この仕上げとなる。シートベルトもアルパカグレー。ヘッドレストは、カーボンファイバー調のレザー仕上げで、シートバックの上部にはSLC Final Editionの文字が刻まれる。

オートマチックトランスミッションのセレクターレバーは、カーボンレザーで覆い、SLC文字を添えた。インストルメントパネルとセンターコンソールのトリムは、明るいアルミ仕上げ。標準装備のマルチファンクションスポーツステアリングホイールは、グリップ部分に滑らかなナッパレザーを使用し、カーボンレザーを組み合わせた。

◆4グレードを用意。頂点に立つ「AMG SLC43」は390hp

ファイナルエディションは、「SLC180」「SLC200」「SLC300」が選択できる。SLC180は、直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。最大出力は156hp、最大トルクは25.5kgm。0~100km/h加速7.9秒、最高速226km/hの性能を発揮する。

SLC200とSLC300は、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。SLC200は最大出力184hp、最大トルク30.6kgm。0~100km/h加速6.9秒、最高速240km/hの性能を持つ。SLC300は最大出力245hp、最大トルク37.7kgm。0~100km/h加速5.8秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を備えている。

高性能なAMGバージョンとして、メルセデスAMG 『SLC43』にもファイナルエディションを設定する。直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。最大出力390hp、最大トルク53kgmを獲得する。0~100km/h加速4.7秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を実現している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kai*****|2019/02/22 10:16

    違反報告

    メルセデスは、モデル末期でもよく改良を加える。
    その姿勢は、頭が下がるものなんだが、何故か売れない。
    SLとSLC見た目にはほとんど分からないくらいよく出来ていると思う。
    これが売れないのは、クルマ文化の嗜好の変化というほかはない。
    フェアレディーZと同じような値段だから買いやすいが、だれも見向きもしない。
    ポルシェボクスターは一見すると値段が似ているようだが、素のボクスターはオプション付けていくとあっという間に1千万オーバーだ。
    自動車雑誌のボクスターなんか1200万くらいになっている。そんなに高くても結局、スポーツカーを買う人はポルシェを買ってしまう。
    誰かその心理を教えてくださいね。
  • qzt*****|2019/02/22 01:57

    違反報告

    プアマンズSLだけど
    日本ではそこそこ売れたな
  • fre*****|2019/02/22 09:37

    違反報告

    せっかくマニュアル専用設計開発して、ヤナセが20年ぶりに鳴り物入りで正規導入までしたのに、結局誰も買わなかった...

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します