現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アルファロメオ、新型2.2L ハイパワーディーゼルエンジンを「ステルヴィオ」「ジュリア」に搭載

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.20

アルファロメオ、新型2.2L ハイパワーディーゼルエンジンを「ステルヴィオ」「ジュリア」に搭載

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FCAジャパンは2019年2月18日、コモンレール式ディーゼルの先駆者のアルファロメオが開発した新型2.2L・4気筒ディーゼルエンジンを、日本市場に初めて導入すると発表した。このクラストップの性能を誇るスポーツ・ディーゼルターボエンジンは、プレミアムサルーン「ジュリア」、プレミアムSUV「ステルヴィオ」に搭載し、2019年4月6日から発売する。

この新型スポーツディーゼルエンジンは、アルファロメオの「GIORGIO(ジョルジオ)プロジェクト」の一環として、ジュリア、ステルヴィオの車両設計と並行して開発が進められた高性能クリーン・ディーゼルエンジンだ。

    マクラーレン、カスタマーチーム「チーム郷」がスーパーGT300クラス・スーパー耐久に参戦

この2.2L・直列4気筒エンジンはフィアット・クライスラー・グループのディーゼル「JTD(ジェットターボディーゼル)」エンジンに属し、最新のユーロ6に適合する高出力ディーゼル「マルチジェットII」だ。そして、最初の搭載は2015年に登場したジープ・チェロキーからだ。

その後、アルファロメオに搭載するために改良が進められ、シリンダーブロックはチェロキー用の鋳鉄製からアルミ低圧鋳造製に改良し、中空カムシャフトを採用するなど、エンジン単体重量がわずか155kgと軽量化されている。また直噴の燃圧も1600barから2000barにアップし、1行程・8段噴射(マルチジェットII)としている。また振動を低減するためのギヤ駆動されるバランスシャフトも内蔵している。ターボは電子制御式バリアブル・ジオメトリー・ターボ(e-VGT)を装備。

排ガス対策として、高圧、低圧の2系統EGR、酸化触媒+DPFユニットに尿素(アドブルー)噴射を加えた一体ユニットと後方床下に残留NOxを低減するパッシブSCR触媒を装備。そして過剰なアンモニアを中和する浄化触媒の一体ユニットを配置するという最新の排ガス浄化システムを装備し、最新のユーロ6規制、日本のポスト新長期規制に適合させている。

この排気量2.2Lのディーゼルターボユニットは、基本設計を共有しつつ、ステルヴィオ、ジュリアのモデル特性に合わせてそれぞれ専用のチューニングが施されている。

ちなみにヨーロッパでは同じ2.2Lながら160ps、190ps、210psまで3種類のディーゼルエンジンがラインアップされているが、日本市場のステルヴィオには最強の仕様が搭載される。

ステルヴィオは最高出力210ps、最大トルク470Nmを発生し、リッター当たり出力100馬力に迫る高出力と、クラストップとなる470Nmと、ディーゼルならではの圧倒的なトルクを両立。さらに、0-100km/h加速タイムは6.6秒を記録、ディーゼルエンジン搭載のSUVとして最速で、スポーツカー並みの優れた加速性能を実現している。

一方、ジュリアに搭載されるスポーツディーゼルエンジンは、最高出力190ps、最大トルク450Nmで、0-100km/h加速タイムは7.2秒となっている。

燃費は、実用燃費に近いWLTCモード計測でステルヴィオが16.0km/L、ジュリアは17.2km/Lを達成。同クラスの2.0Lガソリン・モデルに比べ、最大約45%の燃費向上を実現している。

このエンジン低回転域で扱いやすいのも大きな特長で、わずか1250rpmで300Nm以上を、1750rpmで最大トルク470Nm(ジュリアは450Nm)を発揮し、常用エンジン回転域におけるドライバビリティに優れている。さらに、バランサーシャフトにより振動が低く抑えられ、同時に8速オートマチックトランスミッションのシフトショックも低減されている。車両設計と並行してエンジン開発が行なわれたことで、NVH(ノイズ・バイブレーション・ハーシュネス)全体も低減され、優れた静粛性も実現している。

ステルヴィオ 2.2 TURBO DIESEL Q4

ステルヴィオ 2.2 TURBO DIESEL Q4は、既存のガソリンモデル「2.0 TURBO Q4」と同等の装備内容だ。バイキセノンヘッドライト、18インチ・5スポークアルミホイール、Apple CarPlay/Android Autoに対応したコネクト・システム、シートヒーター付のレザーシート、前席パワーシート、リヤパーキングカメラ、パワーテールゲート、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)など最新の快適装備を標準装備。

STELVIO 2.2 TURBO DIESEL Q4 諸元表
価格:617万円(税込み)

ジュリア 2.2 TURBO DIESEL SUPER

ジュリア 2.2 TURBO DIESEL SUPERは、ガソリン仕様の「2.0 TURBO SUPER」と同等の装備内容で、バイキセノンヘッドライトのほか、18インチ・10スポークアルミホイール、Apple CarPlay/Android Autoに対応したコネクト・システム、シートヒーター付のプレミアムレザーシート、前席パワーシート、ハーマン・カルドン製プレミアムオーディオシステム、リヤパーキングカメラ、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)などを装備する。

GIULIA 2.2 TURBO DIESEL SUPER 諸元表
価格:556万円(税込み)

アルファロメオ ステルヴィオ 関連情報
アルファロメオ ジュリア 関連情報
アルファロメオ 関連情報
アルファロメオ 公式サイト
FCA 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します