現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型トヨタ・ハイエースのオフィシャル画像をさらに紹介!

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.19

新型トヨタ・ハイエースのオフィシャル画像をさらに紹介!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月18日に発表された新型ハイエース。現在公開されている広報画像を追加でお見せするとともに、判明したその他の情報をお伝えする。

 現地で発表された資料によれば、新型ハイエースのエンジンは「フロントホイールアクスルの上にマウントされていない」と明言。現行ハイエースのキャブオーバーから変更されたことになる。この変更により運転席と助手席の両方で、熱や振動がシートの下に発生することなく、より乗員に優しくなったことをアピール。またエンジンへのアクセスが容易になるため、保守性も向上するとしている。またエンジンは縦置きで間違いないようだ。

    アルファロメオ・ステルヴィオ & ジュリアが最新ディーゼルを搭載!〈Alfa Romeo Stelvio & Giulia〉



 車内スペースは収納力をより拡充。「Commuter Deluxe」グレードは最前列の席の下に十分なスペースがあることに加えて、大きなオーバーヘッドトレーとコンソールトレーを備えている。より広い足元や使いやすいよう工夫されたアシストグリップ、そして足元を照らすエントリーシステムなども用意。





 ロングボディには5列シートを設定。最大で17人乗りがあるが、乗車定員を減らしてヘッドレスト付き大型シートを用意した「ツーリズム」グレードも用意されている。



 エンジンに関しては、1GD系の2.8ℓ直4ディーゼルに加えて、7GR系の3.5ℓ V6ガソリンを用意。サスペンションはフロントがマクファーソン・ストラット、リヤはリーフスプリングだ。





 1950mmと大幅に拡大された全幅を活かして、「バン」の荷室は世界各国の企画化された貨物パレットに対応した幅を確保。「バン」にもショート/ロングの2種類のボディが用意される。また「バン」の乗車定員は2名~6名までの設定だ。



 マニュアルシフト車も用意されている。上の画像のシフトパターン刻印から、MTは6速であることが判明。日本向けの現行ハイエースのMTは5速なので、羨ましいところである。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します