現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > なかなかスタイリッシュになったマイナーチェンジ版メルセデスAMG GT

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.15

なかなかスタイリッシュになったマイナーチェンジ版メルセデスAMG GT

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスAMGを代表するスポーツモデル、AMG GTクーペ/ロードスターがマイナーチェンジした。デビューから早4年、まだまだポテンシャルは高いので、動力性能よりも外観や内装のデザインやインフォテイメント系の充実が図られた。

 今回マイナーチェンジしたのはAMGクーペ/ロードスターのベースグレードのGTからややスポーティなGT S、ワイドボディのGT C、究極のパフォーマンスを持つGT Rの全グレードだ。エクステリアの変更点はフロントのポジションライトとウインカーのコンビネーションランプの形状が変わり、先日、日本にも導入されたばかりのAMG 4ドアと同様のLEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用している。リアはディフューザーの形状を改良し、各モデル特徴のある形状とした。テールパイプが大きな識別点であることは新型でも同様だ。GTでは丸形4本出しに、GT SとGT Cは角形4本出しとなった。

    【3月1日発売】Ninja ZX-10R SEは装備がスゴイ! 電制サス&マルケジーニ鍛造ホイール【カワサキ】

 インテリアは最新メルセデスの基準に沿って、12.3インチのコクピットディスプレイやセンターに10.25インチ高精細TFTディスプレイを採用し、すべてデジタル表示のインパネとした。ステアリングのタッチコントロールスイッチには液晶モニターが内蔵される。これを操作することで、エンジン、トランスミッション、サスペンションなどのモードを変更可能だ。さらにインパネにGフォースや出力、トルクなどGTらしいスポーツ情報を表示できる。

 搭載されるエンジンは従来と同様の4.0ℓV8ツインターボ。出力、トルクともに4グレードすべて従来モデルから変更はないが、新たに4つのドライブモード「ベーシック」「アドバンスト」「プロ」「マスター(GT C、GT S、GT Rのみ)」が選択できるようになった。

各グレードの最高出力、最大トルク、0-100km/h加速*1、最高速度*1

AMG GT 350kW/476ps/6000rpm 630Nm/1900-5000rpm 4.0s(4.0s*2) 304km/h(302km/h*2)

AMG GT S 384kW/522ps/6250rpm 670Nm/1900-5000rpm 3.8s(3.8s*2) 310km/h(308km/h*2)

AMG GT C 410kW/557ps/5750-6750rpm 680Nm/2100-5500rpm 3.7s(3.7s*2) 317km/h(316km/h*2)

AMG GT R 430kW/585ps/6250rpm 700Nm/2100-5500rpm 3.6s 318km/h

*1: 欧州仕様参考値
*2: (*)内はそれぞれロードスターモデルの数値。

 スポーツカーながら運転支援システムも充実しており、追従クルーズコントロールやブラインドスポットアシストなどが装備されている。

メーカー希望小売価格(税込)
メルセデス AMG GT 1645万円
メルセデス AMG GT S 1993万円
メルセデス AMG GT C 2202万円
メルセデス AMG GT R 2382万円
メルセデス AMG GT ロードスター 1788万円
メルセデス AMG GT S ロードスター 2137万円
メルセデス AMG GT C ロードスター 2309万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します